DVD 焼く方法!パソコンの動画をDVDに焼くソフトおすすめ6選

今は「パソコン時代」で、パソコンでデータを保存するのはとても便利ですね。ただし、結婚式やコンサート、旅行で撮ったVlogなどの記念すべき動画をDVDに焼くつもりで、思い出を記録したり、他人にプレゼントしたりすることができます。

したがって、「iMovieで作った動画をDVDに焼くフリーソフトを探したいですが、一体どうやって手軽に焼くことができますか。」という問題に困られる方は少なくないと思います。または、パソコンの動画をDVDに焼くフリーソフトをやっと見つけましたが、Windows10で使えません。この記事では、Windows10/8/7やMacで利用できるパソコンに保存した動画をDVDに焼く方法を詳しく説明し、初心者向けのフリーソフトも三つ紹介します。

目次

パソコンの動画をDVDに焼くために用意するもの

DVDスーパーマルチドライブまたはブルーレイドライブ

iMovieで作った動画などのパソコンに保存した動画をDVDに焼くには、DVDスーパーマルチドライブまたはブルーレイドライブが必要です。お持ちのパソコンにディスクを入れる箇所があれば買わなくてもいいですが、ないなら前もって用意してください。

空のDVDディスク

動画を焼くことができるDVDには、大きく2つ【DVD-R】と【DVD-RW】があります。DVD-Rは動画を1回焼くことができたら、追加で書き込むことができません。DVD-RWは、何度でも半永久的に書き換えが可能なディスクです。需要に応じて選択してください。

動画をDVDに焼くフリーソフト1、VideoByte DVD 作成

VideoByte DVD 作成」は初心者向け開発されたWindows10/8/7とMacとも対応、iMovieで作った動画などのパソコンに保存した動画をDVDに焼く専用のソフトで、分かりやすいインタ—フェ—ス、簡単な操作などのメリットがたくさんあります。動画をDVDに焼く機能だけでなく、動画をブルーレイに作成することもできます。完全フリーでないけれども、無料版を提供し、動画をDVDに手軽に焼くソフトです。皆さんは次のステップに従って、動画をDVDに焼くことを試みましょう。

主な機能と特徴:
  • あらゆるビデオファイルを簡単にDVDやBlu-rayに書き込むことがでる
  • 動画の輝度、コントラスト、色相、音量、彩度を調整可能
  • 音声ダビング、字幕追加、チャプターの結合・分割などの編集機能
  • 簡潔なインターフェースで使いやすい
  • DVDメニューをカスタマイズできる
  • 品質を損なわず、高速で書き込める

VideoByte DVD 作成で動画をDVDに焼く方法

ステップ1、DVDに焼きたい動画をソフトに追加する

ソフトを起動して、動画を焼くために用意した空きのDVDディスクをDVDドライバに入れます。ソフトの中にある 「メディアファイルを追加」 ボタンで、DVDに焼きたい動画をソフトに追加します。

メディアファイルを追加
ステップ2、DVDに焼きたい動画を編集する

DVDに焼きたい動画の追加が完了した後、 「次へ」 をクリックして、動画編集画面に入ります。「VideoByte DVD 作成」「回転」 、 「カット」 、 「クロップ」 、 「効果」 、 「調整」 と 「ウォーターマーク」 の動画編集機能を搭載して、それから操作のインターフェースもわかりやすくて、皆さんは需要によって利用して下さい。

完成した後、 「適用する」 をタップするとメイン画面に戻ります。

動画の輝度、コントラスト色相
ステップ3、DVDに焼きたい動画の字幕とオーディオの設定

DVDに焼きたい動画の字幕とオーディオを設定する場合、メイン画面に 「オーディオ」 或は 「字幕」 を押します。そして、ディスクのタイプ、需要の解像度などによって、インターフェースの下にある選択項目を選びます。完了した後、 「次へ」 をクリックします。

字幕設定
ステップ4、DVDメニューを作成する

「VideoByte DVD 作成」はメニューテンプレートをたくさん提供して、押すると適用できます。テンプレート中の文字、ボタンも調整できます。ダブルクリックして内容を編集、右クリックしてボタンのサイズ、位置などのプロファイルを調整できます。

その他、バックグラウンドミュージックの追加、バックグラウンドの変換とオープニングの追加もサポートします。

作成したメニューも 「プレビュー」 ボタンで再生できます。メニューを作成したくない場合、 「メニューなし」 をタップすればメニュー作成をスキップできます。

DVDメニューを作成
ステップ5、動画をDVDに焼く

「Discにライティング」 にチェックを入れて、 「開始」 をクリックすれば動画をDVDに焼くことが始まります。完成するまで少々お待ちください。

動画をDVDに焼く
これで、Windows10やMacでパソコンの動画をDVDに焼くことができます。「VideoByte DVD 作成」は強力的な動画をDVDに焼くソフトで、実に簡単・実用なソフトで、無料体験もできますから、皆さんにオススメします。

パソコンの動画をDVDに焼くビデオチュートリアル

動画をDVDに焼くフリーソフト2、DVD Memory

DVD Memory」は、シンプルで強力なDVDツールボックスです。 ビデオファイルは、DVDディスク、DVDフォルダー、ISOファイルにすることができます。MP4、MKV、AVIなど幅広いビデオ入力フォーマットに対応し、DVDオーサリングのほか、スライドショーオーサリング、基本的なビデオ編集などの機能も備えています。 トリミング、字幕、エフェクトの追加など。 また、音楽付きのフォトスライドショーを作成することも可能です。
 
WindowsとMacの両方に対応していますが、Mac版ではブルーレイディスクやブルーレイフォルダなどのBDの書き込みには対応していない点に注意が必要です。そのため、ブルーレイディスクを作成したいMacユーザーにはお勧めできません。 また、他のDVD書き込みソフトに比べると高価です。 ここでは、「VideoByte DVD 作成」のようなコストパフォーマンスの高い作成ソフトの利用をお勧めします。

DVD Memoryで動画をDVDに焼く方法

ステップ1、DVDに焼きたい動画を追加
 
「ワンクリックでDVDを作成」をクリックし、DVDに書き込みたい動画ファイルをドラッグ&ドロップします。
ステップ2、動画をDVDに作成
 
出力形式を選択し、各種設定を行います。 その後、「プレビュー」をクリックして、DVDを作成する前に確認することができます。プレビューに問題がなければ、「作成」をクリックします。

動画をDVDに焼くフリーソフト3、ImgBurn

ImgBurn」は、高性能なDVD作成フリーソフトです。 無料で動画ファイルをDVD/BDに書き込んだり、逆にディスクデータからISOファイルを作成することができます。 元は英語のため、日本語に変換するための日本語パッチを別途インストールする必要があります。 日本語版のインストール方法と使用方法を知りたい方は、こちらの記事を参照してください。フリーソフトでありながら、充実したライティング機能を備えています。
 
デメリットは、著作権保護されたDVDの書き込みができないことと、「ImgBurn」で作成したDVDはMPEG-2フォーマットで書き込まれないことです。一部の家庭用レコーダーやDVDプレーヤーでは再生できない場合があります。このフリーソフトで作成したDVDがうまくいかない場合は、より専門的なDVD作成ソフトである「VideoByte DVD 作成」を使用することをお勧めします。

ImgBurnで動画をDVDに焼く方法

ステップ1、DVDに焼きたい動画を追加
 
トップ画面で、「イメージファイルをディスクに書き込み」機能をクリックする。次に、メニューのモードから「書き込み」を選択します。
imgburn
ステップ2、動画をDVDに焼く
 
入力ソースにファイルを指定します。ブランクDVDをパソコンに挿入し、出力先を設定します。最後に、下部の「DVD作成」アイコンをクリックすると、書き込みが始まります。

動画をDVDに焼くフリーソフト4、Burn

Burn」は完全無料のフリーソフトで、Mac対応の動画をDVDに焼くライティングソフトとして愛用されています。オススメの理由は表示項目が絞りこまれたインターフェースにより直感的に操作できます。動画をDVDに焼く操作がシンプルですが、エンコードはファイルサイズによって長時間かかることがあり、ブルーレイも対応できません。高速で焼きたい、ブルーレイディスクを焼きたいという方は「VideoByte DVD 作成」を選ぶとよいでしょう。

Burnで動画をDVDに焼く方法

ステップ1、DVDに焼きたい動画を選択する

「データ」 のタブを選択しておいて、DVDに焼きたい動画をBurnの画面上にドラッグ·ドロップします。

ステップ2、DVDの作成を開始する

下の画像の状態にできましたら、 「ディスク作成」 ボタンをクリックすると動画をDVDに焼くのが開始、完了するまで少し待ってください。

動画をDVDに焼くフリーソフト5、Windows Media Player

Windowsを搭載したパソコンであれば、Windows 7以降のOSに標準で搭載されている無料のソフト「Windows Media Player」を使って簡単にDVDを焼くことができるので、DVDを焼くために別途ソフトをインストールする必要はありません。 音楽やビデオ、CD、DVDの再生だけでなく、音楽CDやDVDの作成も可能です。
 
ただし、書き込み機能には制限があります。 「DVDデータ」形式での書き込みにのみ対応しており、「DVD-Video」形式でのDVD作成はできません。また、焼いたDVDの映像品質が若干低下することがあります。「DVD-Video」フォーマットでDVDを作成し、高いビデオ品質でDVDを作成したい場合、専門的なDVD作成ソフト「VideoByte DVD 作成」はお客様のニーズを満たすことができます。

Windows Media Playerで動画をDVDに焼く方法

ステップ1、ソフトを起動し、「書き込み」を選択
 
「スタート]から「Windowsアクセサリ」を開き、「Windows Media Player」を起動します。画面右上の「焼く」タブをクリックします。
ステップ2、DVDの書き込みを開始
 
画面右側の下向き三角形のオプションをクリックし、表示されたメニューから「データCDまたはDVD」を選択します。次に、空のDVDをパソコンに挿入します。 DVDに書き込みたいビデオファイルを右のリスト欄にドラッグ&ドロップします。問題なければ、「書き込み開始」ボタンをクリックして、DVDの書き込みを開始します。

動画をDVDに焼くフリーソフト6、Windows DVDメーカー

Windows DVDメーカー」は、Windows7が持ち、動画をDVDに焼くフリーソフトです。Windwows7ユーザーなら、パソコンの中にすでに入っている動画をDVDに焼くフリーソフトなので、新たにインストールしたり購入する必要がないのが人気の秘訣ですが、Windows7にしか収録されませんが、Windows10にまだDVDの書き込みができません。そして、動画編集入門用のソフトとしてはかなりオススメですが、他の編集ツールとの協調性に乏しく、システム構成に起因してエラーを起こしやすいです。

Windows DVDメーカーで動画をDVDに焼く方法

ステップ1、DVDに焼きたい動画の追加
 

画面左下にあるWindowsマークをクリックし、一覧の中から「Windows DVDメーカー」を起動してから、画面左上にある 「項目の追加」 でDVDに焼きたい動画ファイルを選択して追加しましょう。選択できましたら、 「次へ」 ボタンをクリックします。

ステップ2、DVDメニューの作成
 

すると、DVDのメニュー画面を右にある一覧の中からパターンを選択することができます。メニュー画面を選択できたら、 「書き込み」 ボタンをクリックし、時間が経てば動画をDVDに焼くのが完了しました。

動画をDVDに焼くソフトの比較

ここでは、これら6つのDVD作成ソフトを比較し、お使いのコンピュータの構成やその他のニーズに応じて適切なものを選択することができます。
ソフト名VideoByte DVD 作成DVD MemoryImgBurnBurnWindows Media PlayerWindows DVDメーカー
おすすめ度★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
対応OSWindows 10/8/7/XP MacWindows/MacWindowsMacWindows7以降Windows7
日本語対応×
DVDフォルダに書き込む××××
BDオーサリング×××
評価WindowsとMacとも対応、操作も簡単Mac版ではBDの書き込みができない著作権保護されたDVDの書き込みができないMacだけに対応、ブルーレイに対応不可「DVD-Video」形式でのDVD作成はできないインストール不要

まとめ

以上、Windows10/8/7やMacに対応、iMovieで作った動画などのパソコンに保存した動画をDVDに焼くフリーソフトごとに特長をまとめてご紹介いたしました。皆さんはソフトそれぞれの特長によって自分のニーズに合わせる動画をDVDに焼くソフトを利用しましょう。
 
補足:iPhoneなどのスマホの動画をDVDに焼くには、スマホの動画をパソコンにアップロードしてから、上述のようにすればいいです。
2.7 3 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る