iMovieで編集した動画をDVDに書き込む方法

iMovieはiOSとmacOSために開発された動画編集アプリです。使い勝手がいい操作あり、分かりやすいインタフェースを搭載しているなどのメリットがあるから、アップルのユーザーから高い評価を受けています。

またiMovieを使えば美しい4K 解像度などのHDムービーも作れるから、このアプリが結婚式、イベントなどの場合によく使われています。

iMovieは強力的な動画編集機能を搭載しているけど、DVDに焼く機能がありません。かだら編集した動画をDVDディスクに書き込んで、結婚式などの場合で使いたい場合、iMovieだけでは無理です。

iMovieで編集した動画をDVDに焼きたいなら、DVD作成専用のソフトが必要です。またiMovieはiOSとmacOSためのアプリだが、ご利用のパソコンはMacだけでなく、Winも利用している方もあります。

この故、Win/Macのユーザーによって使い勝手がいいアプリを紹介したいのです。Win/Mac対応のアプリ―「VideoByte DVD 作成」はオススメです。初心者向けのアプリなんだから、分かりやすいインタフェースを搭載していますので、PCの初心者にとってもすぐ使い方がわかります。

iMovieで編集した動画をDVDに書き込む

1、「VideoByte DVD 作成」をダウンロード・インストールする

パソコンによって、Win/Mac版の「VideoByte DVD 作成」を「無料試用」ボタンを押するとことでダウンロードしてインストールしてください。

2、空き焼き用のDVDをドライブにセットする

インストール済みのアプリを実行します。それから、空き焼き用のDVDディスクをR/W対応のDVDドライブにセットしてください。するとアプリはディスクの容量情報を表示します。

3、iMovieで編集した動画を追加する

アプリ中にある 「メディアファイルに追加」 ボタンで、iMovieで編集した動画をアプリに追加します。その後、ディスクのタイプによって 「DVD-5」 或は 「DVD-9」 を選択し、需要によって動画の 「ビデオ画質」 と 「アスベスト比」 を選択してください。完成したら、 「次へ」 をクリックします。

iOSデバイスで編集した場合、iTunesなどのデータ転送ソフトで動画をパソコンに転送してください。

DVDに焼く動画を追加する

4、DVDメニューを作成する

その後、DVDメニューの作成画面に入ります。「VideoByte DVD 作成」はたくさんのDVDメニューテンプレートを全部無料提供します。種類もたくさんあり、結婚、旅行、イベントなどあります。ダウンロードの必要がなしで選択すればすぐ適用できます。

メニューが必要がない場合、 「メニューなし」 にチェックをいればいいです。終わったら、 「次へ」 を押します。

DVDに焼く動画を追加する

5、動画をDVDに焼く

次には最終確認画面に入ります。出力先、解像度などを正しく選択したかどうかせひご確認ください。その後、 「焼く」 ボタンをクリックすると、DVDの作成は開始します。

注意:エラーが出ないように作成中にはディスクを取り出しないでください。

動画をDVDに焼く

以上です。どうでしょう、実に使いやすいソフトですよね。DVDの書き込み機能だけでなく、「VideoByte DVD 作成」はオンライン動画をダウンロードする機能を搭載しています。つまり、YouTube、ニコニコ動画やFC2などの オンライン動画サイトから動画をDVDに焼くのは可能です。

最大30日間無料試用を提供しているので、ご気軽に利用ください~~

0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る