【2022無料】MP4をDVDに書き込む方法!MP4 DVD変換フリーソフトおすすめ

「MP4をDVDプレーヤーで再生できるようにMP4動画をDVDに焼く方法とは?また、初心者向けのMP4 DVD書き込みフリーソフトは何ですか?」

パソコンでMP4動画を再生するのは便利ですが、結婚式を行う会場の再生機材で上映できるために、友達との記念動画をDVDに作成してプレゼントするために、大事なメディアファイルを失わないように、様々な場面で動画をDVDに変換することが多いです。または、ビデオはとてもパソコンのメモリを占めるので、パソコンの容量を空けるためにMP4などの動画ファイルをDVDに変換しようとすることもあります。その場合、動画をDVDに書き込めるオーサリングソフトは不可欠なツールです。

この記事では、初心者でも手軽にMP4動画をDVDに焼くために、Windows 11/10/7/MacOSで動作できる無料版のあるDVD作成ソフトを厳選して、使い勝手がいい五つのソフトをみなさんに紹介したいと思います。

目次

MP4をDVDに書き込むには

MP4をDVDに書き込む場合について

DVDの作成というのは、空にDVDディスクに動画、写真、音楽などデータを記録することを指します。DVDの書き込みの目的として大きく分ければ、動画をテレビまたはDVDプレーヤーで再生して楽しんだり、データのバックアップとして保存したりするといった2通りの場合が多いです。用途によって、データ形式を変換する必要がありますので、2つの用途ごとに適切なデータ形式について説明します。

①DVDプレーヤーでMP4動画を再生したい場合:

MP4を家庭用DVDプレーヤーで再生できるように、動画をDVD化にする時、MP4ファイルをそのままコピーして直ちにDVDディスクに貼り付けても再生できません。なぜかというと、その前にまずMP4ファイルをDVDに焼けるDVD-Video形式に変換する必要があるからです。

②データのバックアップ・保存のためにMP4をDVDに書き込みたい場合:

バックアップ用もしくはMP4データの保存が目的でしたら、「データDVD」形式で保存します。このような種類のDVDは主にパソコンでの再生、後からデータの編集と追加に利用されています。家庭用DVDプレーヤーで再生できないことにご注意ください。

本記事では、「MP4」を「DVD-Video」に変換して、DVDプレーヤーで再生できるようにDVDに書き込むことを前提として解説していきたいと思います。

MP4をDVDに書き込むのに用意するもの

MP4をDVDに書き込むために必要とされるものが以下のようです

  • mp4動画ファイル
  • 書き込み用の空のDVD-RまたはDVD-RW
  • パソコン
  • DVDドライブ(パソコンにドライブがない場合、外付けDVDドライブを用意します。)
  • DVDオーサリングソフト

次は、パソコン上のMP4データをDVDに作成するためのオーサリングソフを紹介します。それぞれのソフトの特徴を把握し、目的に合ったのもを選びましょう。

MP4 DVD 書き込みソフトTOP1、VideoByte DVD 作成

おすすめ理由:機能が揃い、コスパ最高のDVD作成ソフト

ソフトVideoByte DVD 作成
動作環境Windows 11/10/8/7など、MacOS 10.8から
日本語対応対応
入力形式AVI、MPEG、 3GP、MP4、VOB、FLV、M2TS、MTS、TS、 SWF、MKV、MPG、MPA、DAT、DV、NSV、MOV、QT、RMVB、DivX、DVなど
出力形式DVDディスク(DVD-5、DVD-9)/ブルーレイディスク(BD-25、BD-50)/フォルダ/ISOファイル
長所

1、WindowsとMacでも使える
2、DVDとブルーレイの書き込みとも対応
3、対応フォーマットが多い
4、DVD/BDの作成ための機能が豊富
5、初心者向けで、操作が非常に簡単
6、ウォーターマークなし
7、コスパが良い

短所

Macでブルーレイのオーサリングは未対応

まずは、使い勝手がいいオーサリングソフトのVideoByte DVD作成をお薦めします。 「VideoByte DVD 作成」 はDVDにもかかわらずブルーレイとも対応、MP4やMOV、AVI、MPEG、TS、VOB、FLVなどの動画を高画質でDVD ·ブルーレイディスク/フォルダ/ISOファイルに書き込めるソフトです。DVD 5/DVD 9をサポートします。

MP4、MOV、AVIなどの動画を高画質でBD・DVDディスク/フォルダ/ISOファイルに書き込めるソフト

  • あらゆる動画ファイルをBD・DVDに焼ける
  • 強力的な動画編集機能を搭載
  • DVDメニューをカスタマイズ
  • ライブプレビュー機能搭載

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

VideoByte DVD作成 はインターフェースが簡潔で分かりやすく、初心者でも思う通りにMP4動画をDVDに焼くことをできます。MP4をDVDへの書き込みという基本的な機能以外に、 「ビデオ編集」 や 「オーディオ追加&編集」 、 「字幕追加」 、 「チャプターツール」 などの動画編集機能も搭載していて、動画をカスタマイズできます。それに、結婚や旅行、行事などのメニューテンプレートを提供しますので、簡単にきれいなメニューを作れ、あるいはお気に入りの写真を入れてメニューを個性的に作成できます。また、場合によってメニューなしの設定もできます。パソコン上の複数のMP4ファイルを1つにまとめ、1枚のDVDとして仕上げることが簡単にできます。

VideoByte DVD 作成でMP4をDVD-Videoに変換して書き込む方法

ステップ1.DVD作成ソフトをインストールしてから起動し、「メディアファイルを追加」ボタンでDVDに書き込みたいMP4動画ファイルをソフトに追加します。

メディアファイルを追加

ステップ2.追加したMP4動画の上にある「強力ツール」ボタンをクリックすると、動画を自由に編集できます。編集ができたら、「次へ」をクリックします。

オーディオトラックと字幕を追加する

ステップ3.必要に応じてDVDのメニューを設定できます。必要が無い場合、「メニューなし」のオプションにチェックを入れて、「焼く」をクリックします。

DVDメニューを作成

ステップ4. この画面で出力形式とディレクトリーを選択します。注意すべきなのは、日本の場合は「NTSC」になっていないと、DVDプレイヤーは読み込むことができませんので、TV標準は必ずNTSCを選択してください。

最後に、「開始」をクリックすると、書き込み作業が開始します。その前に書き込み用の空のDVDディスクをパソコンのドライブに挿入することを忘れないでください。

変換開始

DVDの書き込み作業が完了するまで少々お待ちください。以上はVideoByte DVD作成 を使って、MP4動画ファイルをDVD-Video形式に変換してDVDに焼く手順です。簡潔なインターフェース、シンプルな操作で、DVD作成に関する知識を持っていない初心者でも簡単にできます。まず、ソフトをダウンロードして試しましょう。

ビデオチュートリアル:簡単にMP4をDVDに書き込む方法

MP4 DVD 書き込みソフトTOP2、DVD Memory

おすすめ理由:機能が多いCD・DVD作成ソフト
ソフトDVD Memory
動作環境Windows 11/10/8/7/Vista/XP
日本語対応対応
入力形式AVI、MP4、M4V、MOV、MKV、FLV、WMV、MPG、MPEG、VOB、DV、NUT、FLV、MOD、TOD、RM、RMVBなど
出力形式DVDディスク(DVD-5、DVD-9)/ブルーレイディスク(BD-25、BD-50、BD-100)/フォルダ/ISOファイル
長所

1、WindowsとMacでも使える
2、DVDとブルーレイとも対応
3、対応フォーマットが多い
4、機能が多い
5、操作が簡単

短所

1、ウォーターマークあり
2、高価
3、Macでブルーレイのオーサリングは不可能
4、DVDは音が出ないことあり

DVD書き込みソフト「DVD Memory」は、MP4動画をDVDディスクやDVDフォルダ、ISOファイルにオーサリングすることができ、動画編集も可能です。書き込み可能な形式が幅広いで、MP4やMOVなどのよくみられる動画ファイルからJPEG、PNGなどの写真形式までDVDに変換できます。また、MP3、AACなどのオーディオ形式をCDにオーサリングできることとスライドショー作成機能は非常に有難いです。

WindowsとMacとも対応可能ですが、残念ながらMac版であればブルーレイのオーサリングに対応していないため、ブルーレイの書き込みを行いたいMacユーザーにおすすめしません。それに、MP4などの動画をDVDに変換する時、ロゴが入りますから、DVDプレーヤーで再生する時は画面の美しさを損なうかもしれません。しかも、作成されたDVDディスクはある場合音が出ないことがあります。

「DVD Memory」は有料の年間更新版が最低3980(税込み)が必要です。MP4動画をDVDに焼く時、「DVD Memory」よりも安くて高画質・高性能な書き込みソフトを求めば、コスパが高い 「VideoByte DVD作成」 を利用することがおすすめです。

dvd-memory

DVD MemoryでMP4をDVDに書き込む手順:

ステップ1.ソフトを立ち上げて、「DVDディスク」を選択します。DVDに焼きたいMP4ビデオをドラッグ・ドロップで読み込みます。

ステップ2.需要によって動画を編集したり、メニューを付けたり、「DVD作成」タブをクリックし、出力形式とディレクトリーを選択します。

ステップ3.設定が整ったら、「作成」をクリックすると、MP4をDVDディスクへの書き出しが始まります。

MP4 DVD 書き込みソフトTOP3、DVD Styler

おすすめ理由:プロ級の見栄えのDVD作成フリーソフト
ソフトDVD Styler
動作環境Windows10/8/7/Vista/XP、MacOS X 10.10 以降、Linux
日本語対応対応
入力形式AVI、ASF、WMV、FLV、MP4、MPEG(MPEG-1、MPEG-2)、DV、VOB、M2TS、MKV、WebM、OGG、OGM、RM、MOVなど
出力形式DVDディスク
長所

1、無料
2、WindowsとMacでも使える
3、入力フォーマットが多い
4、機能が多い
5、ウォーターマークなし

短所

1、DVDディスクにしか書き込めない
2、書き込みスピードは高速ではない
3、初心者には適していない

「DVD Styler」はクロスプラットフォームの自由な DVD 書き込みソフトです。フリーソフトとしてDVDメニューの作成、追加動画の開始時間や終了時間を指定した切り出し、MP4をDVDへのオーサリングなどのDVD書き込みの機能を備えて、プロ級の見栄えのDVDを作成することを可能にします。

「DVD Styler」はWindowsとMacが対応できます。ただ、MP4などの動画をCDまたはデータディスクに書き込むことはできません。書き込みスピードは、プレミアムオプションほど高速ではありません。それに、細かい設定を行うためにはDVDに関する知識も求められるため、初心者の方には操作が少し難しく感じる可能性があります。DVDの書き込みに特に精通していない場合は VideoByte DVD作成のような初心者向けのDVD作成ソフトを使った方がよく、MP4動画をDVDに高速で変換してDVDプレイヤーで高画質で再生できます。

DVD StylerでMP4をDVDに書き込む手順:

ステップ1.ソフトを起動し、初めての画面で「映像形式」を「NTSC」に設定して、「OK」をクリックします。

ステップ2.「DVDメニュー用テンプレートを選択」で好きによってメニューを選択します。ドラッグ&ドロップでMP4動画を追加します。

ステップ3.メニューバーにある赤いアイコンをクリックし、「DVDに書き込み」を選択して、「開始」をクリックして、DVDの焼く作業が開始します。

MP4 DVD 書き込みソフトTOP4、WinX DVD Author

おすすめ理由:機能が揃っているDVD作成フリーソフト
ソフトWinX DVD Author
動作環境Windows11 / 10 / 8.1 / 8 / 7 (32 & 64 bit)
日本語対応対応(文字化けが生じやすい)
入力形式MKV、AVI、MP4、MPEG、MOD、MOV、WMV、FLV、RM、RMVB、Xivd、DviX、H264など
出力形式DVDディスク(DVD-5、DVD-9)、DVDフォルダ、VOBファイル
長所

1、無料
2、対応フォーマットが多い
3、操作が簡単
4、ウォーターマークなし

短所

1、Macに対応していない
2、ビデオDVDディスクにしか対応していない
3、日本語は文字化けする
4、Youtubeから動画を保存できないことが時々ある

「WinX DVD Author」は、名前から分かってWindowsだけに向け、デザインがシンプルで初心者でも簡単な操作でMP4などの動画ファイルをDVDに変換できる書き込みフリーソフトです。基本的な機能としてMP4をDVDへの書き込み以外に、字幕や画像、BGMなどを追加してタイトルメニューとチャプターメニュー画面も自由に作れます。

その欠点は、ソフト自体の日本語は文字化けします。それに組み込まれたYouTubeダウンローダーを使用すると、後続のDVD書き込みタスクのためにYouTubeビデオをダウンロードできますが、Youtubeから動画を保存できないことが時々あります。また、書き込みはビデオDVDディスクにしか対応しておらず、ブルーレイもサポートされていません。DVDにもかかわらず、MP4動画をブルーレイに書き込みたい場合は 「VideoByte DVD作成」 をおすすめします。

WinX DVD AuthorでMP4をDVDに書き込む手順:

ステップ1.メイン画面の右部にある「Video DVD Author」をクリックして、MP4をDVDに書き込む画面に進みます。

ステップ2.画面の左下部にある「+」ボタンをクリックして、DVDに書き込みたいMP4動画を選択してソフトに読み込みます。

ステップ3.メニュー、字幕、チャプターなどの設定をが完了したら、次へ進み、「DVD BUILDER」画面で「Start」ボタンをクリックしてMP4からDVDへの書き出し作業を開始します。

MP4 DVD 書き込みソフトTOP5、DVD Flick

おすすめ理由:シンプルな無料使用のDVD作成フリーソフト
ソフトDVD Flick
動作環境Windows 2000/XP/Vista/7/8
日本語対応対応(日本語化必要)
入力形式AVI、MPEG、MP2、MP3、MPEG-4、MP4、MKV、MKA、OGM、Oggなど
出力形式DVDディスク(DVD-5、DVD-9)
長所

1、無料で使える
2、操作が非常に簡単
3、ウォーターマークなし

短所

1、DVDの書き込み時間が長い
2、設定項目が少ない
3、DVDディスクにしか対応していない
4、チャプター作成はプレビューしながら作成できない
5、日本語化必要

「DVD Flick」は、Windows7/XP/Vista/2000に対応、MP4などの動画ファイルから家庭用のDVDプレーヤーにて再生できるDVD書き込みフリーソフトで、動画タイトルの編集やDVDメニューの作成などDVDオーサリング機能をサポートします。

操作が楽なのは良いものの、長いこと更新されていないのせいか、MP4などの動画をDVDへの書き込み時間が長いです。また、VOBファイルへのオーサリングの際にフレームずれと音切れが発生する事が多いです。それに、チャプター作成はプレビューしながら作成できず、ちょっと不便だと感じられます。しかも、自分で設定できる項目は少なく、DVDを作成する上での自由度があまり高くないため、細部にまでこだわりたいという方にはおすすめできません。

「DVD Flick」は海外製のソフトなので、英語が分かりにくいなら日本語化の必要があります。また、MP4からDVDへの書き込み作業の速度が遅く、特に長い動画なら時間が非常にかかります。一方で、ハードウェア加速技術を支持しているVideoByte DVD作成 を利用する方がより効率的です。

DVD FlickでMP4をDVDに書き込む手順:

ステップ1.ソフト画面の右部にある「タイトル追加」をクリックして、MP4動画を追加します。そして、右下の「参照」をクリックして、保存先をDVDディスクに設定します。

ステップ2.トップメニューバーにある「DVD作成」をクリックして、動画形式の変換が終わると、連携の「ImgBurn」というオーサリングソフトが自動的に起動されます。

ステップ3.「はい」をクリックすると、DVDの書き込み作業が開始します。

より具体的な操作手順については以下の関連記事をご参照ください。

MP4をDVDに書き込むためのソフトの比較一覧!どちらを選ぶ?

上記の5つのMP4→DVD書き込みソフトは多くのことを紹介しますから、皆さんの読み時間を節約し、各DVD作成ソフトを簡単に比較できるようにするために、下の表をご覧ください。お気に入りのMP4 DVD書き込みソフトを選択してダウンロードして使ってみましょう。
ソフト VideoByte DVD 作成 DVD Memory DVD Styler WinX DVD Author DVD Flick
おすすめ度 ★★★★★ ★★★★ ★★★ ★★★ ★★★
日本語対応 〇(文字化け) 〇(日本語化必要)
対応OS Windows11/10/8/7 MacOS 10.8から Windows11/10/8/7/Vista/XP Windows10/8/7/Vista/XP Windows10/8/7 Windows2000/XP/Vista/7/8
ブルーレイ対応 × × ×
書き込み速度 超高速 高速 普通 高速 普通
価格(年間) 2480 (無料版あり) 3980 × × ×
ウォーターマーク なし 無料版ではあり なし なし なし
評価 機能が揃い、使いやすい、コスパ最高 高価、問題発生可能、機能が多い 操作がやや複雑、DVDの書き込みのみサポート ビデオDVDの書き込みのみサポート 書き込み時間が長い、設定項目が少ない

以上の比較表を見ても、なかなかソフトの選択を決められませんか?以下の内容はお役に立てるかもしれません。

MP4 DVD書き込みソフトの選択基準について

「MP4動画をDVDプレーヤーで再生できるように書き込みたい」「初心者でも使えるMP4-DVD書き込みフリーソフトを知りたい」「Windows 10/11で使えるMP4-DVDオーサリングソフトの選び方を知りたい」と困っている人がたくさんいるでしょう。ここでは、DVD書き込みソフトの機能と使いやすさという二つの面からDVDオーサリングソフトの選び方を紹介します。

①機能性:まずは、自分がこだわりを持っている機能を考えてください。つまり、「利用するMP4-DVD書き込みソフトに対する要求は何か」を決めてください。通常、DVD作成ソフトの機能を考える際には、以下の要素を考慮する必要があります。

・WindowsあるいはMacで使う?
・DVDまたはブルーレイに書き込みたい?
・対応のフォーマットが足りる?
・基本的な書き込み機能以外に、設定項目など他の機能が必要ですか?
・DVDの書き込み速度は?

さまざまな状況に対応するためには、より多くの機能を備えたソフトを選択する方がよいことを誰もが知っておく必要があります。いくつのソフトをダウンロードすると、パソコンのストレージを占め、有料ソフトならもう少しお金をかけることになります。

MP4などの動画をDVDまたはブルーレイプレイヤーで高画質で再生できるように、「VideoByte DVD作成」のようなWindowsでもMacでも使え、DVDとブルーレイにも対応、入出力形式が多く、機能が揃っているDVD書き込みソフトを使用することをおすすめします。

②使いやすさ:ほとんどの人はMP4からDVDへの書き込みに慣れていないので、DVD書き込みソフトを選択するときは、ソフトの使いやすさを最優先する必要があります。機能の多いソフトは使いづらく、または操作は簡単だが機能が少なすぎ、本望のDVDを作れない場合もあります。ソフトのインターフェースの簡潔さ、作業に必要なステップ数から使いやすさを判断できます。VideoByte DVD作成は初心者向け、操作が非常に簡単だが色んな動画編集機能を搭載しているDVD作成ソフトだから強くお勧めします。以下のボタンで無料使用してみましょう。

MP4をDVDに書き込むのについてのヒント

1、DVD-RとDVD-RWの違いとは?書き込み用ディスクの選択

DVDにはDVD-RとDVD-RWがあり、それぞれに長所と短所があります。各DVDの特徴は次のとおりです。
DVDの種類繰り返し書き込むDVDの特徴
DVD-R×・一度だけ書き込める
・基本的に記録したデータの変更・削除はできない
・安くて入手しやすい
DVD-RW・書き込みまたは書き換えは約1000回可能
・記録したデータを削除することもできる
・価格はDVD-Rより少し高い

DVD-Rは安価で入手しやすいですが、書き込みは1回のみで、記録したデータの変更や削除はできません。一方、DVD-RWはDVD-Rよりも高価ですが、書き込みと書き換えを繰り返すことができますから、書き込みの失敗が心配な場合は、DVD-RWをお勧めします。

2、書き込みができたDVDを再生するプレーヤーソフト

MP4をDVDに書き込む作業が完了したら、「VideoByte ブルーレイプレーヤー」というDVD/ブルーレイ再生ソフトを使って、作成したDVDディスクに書き込まれた映像を正常に再生できるかどうかを確認することができます。普通は、プレーヤーソフトで再生できれば、家庭用のDVDプレーヤーでも再生できます。
0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る