「簡単」MP4動画をブルーレイディスクに書き込む方法

好きなMP4動画をDVDディスクに書き込むことはよくありますが、たまにも動画ファイルをブルーレイディスクに書き込みたい方もいるでしょう。でも、DVDとブルーレイは違いますので、書き込む前に準備すべきことも、操作手順も違いますので、下記のチュートリアルに従って、MP4動画をブルーレイディスクに書き込みましょう。

目次

一、MP4動画をブルーレイに書き込む前に準備するもの

MP4動画をブルーレイに焼く前には、空の書き込み可能なブルーレイディスク、そしてブルーレイドライブを搭載しているパソコンが必要です。注意すべきなのは、普通のパソコンでしたらDVDドライブを搭載していますが、DVDドライブの仕組みはブルーレイディスクを読み込めません。

そのほか、ブルーレイの中でもデータの書き込みができなく、収録のために使用される「BD-ROM」がありますので、データの書き込みに対応するブルーレイディスクを用意しておきましょう。

二、MP4動画をブルーレイに書き込む方法

名前の通り、「VideoByte DVD作成」(Windows・Mac)はMP4を含めて様々な動画ファイルを高画質でDVDに書き込むことに対応するソフトですが、ブルーレイディスクにMP4動画を書き込むことにもサポートしますので、手元の動画ファイルをブルーレイに焼きたい場合、ぜひ使ってみてください。動画ファイルの書き込みのほかに、オーディオトラック・字幕の追加とDVDメニューの追加にも対応します。興味があれば今すぐソフトの無料体験版を試用してみてください。最新のWindows 10/11に動作済みです。

MP4、MOV、AVIなどの動画を高画質でBD・DVDディスク/フォルダ/ISOファイルに書き込めるソフト

  • あらゆる動画ファイルをBD・DVDに焼ける
  • 強力的な動画編集機能を搭載
  • DVDメニューをカスタマイズ
  • ライブプレビュー機能搭載

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

「VideoByte DVD 作成」でMP4動画をブルーレイに書き込む手順

事前にブルーレイに対応するパソコンを準備して、一枚の空のブルーレイディスクをパソコンに挿入し、そして焼きたいMP4動画を用意してください。

ステップ1、ブルーレイモードを選択

パソコンにインストールした「VideoByte DVD 作成」を起動し、そして「ブルーレイディスク」を選んでください。

ブルーレイ 作成

ステップ2MP4動画をソフトに追加

次に「メディアファイルを追加」をクリックしてMP4形式のビデオファイルをソフトに追加してください。そしてディスクタイプとビデオ画質などを設定します。
メディアファイルを追加

ステップ3、字幕とオーディオトラック

MP4動画ファイルをブルーレイに書き込む場合、たまにも字幕やオーディオトラックなどを追加する必要があるでしょう。この画面で「オーディオ」と「字幕」機能ではビデオの言語や音量などを調整できます。

字幕設定

ステップ4、動画編集機能

ソフトでは動画編集機能も搭載していますので、MP4動画をブルーレイに保存する前に、「強力ツール」>「ビデオ編集」を押してビデオを加工してみてはどうでしょうか。編集が完了すると「適用」を押してください。

動画の輝度、コントラスト色相

ステップ5DVDメニューとBGM

単なるMP4動画の書き込みだけではなく、ブルーレイを開く時のメニューとBGMなども設定可能です。「VideoByte DVD 作成」はたくさんの無料テンプレートを提供します。

DVDメニューを作成

ステップ6、保存先

次にMP4からブルーレイへの書き込み作業が始まる前の設定画面に入ります。保存先・焼く設定・再生モードを設定してください。

変換開始

ステップ7MP4動画をブルーレイに焼く

最後に、「開始」をクリックして、ブルーレイディスクへの書き込みが完了する前に待ってください。

動画をDVDに焼く

三、MP4をブルーレイに書き込むに関する質問

MP4をブルーレイに書き込みたいけど、ブルーレイのことには詳しくない方もいますので、ここではよくある質問について説明します。

1、ブルーレイとDVDの違いは?

再生品質(音質・画質):ブルーレイのほうが高い、DVDは比べるものになりません。

ディスクの読み取り面の色:一般的にブルーレイはゴールドに近いブルー、DVDはシルバーに近いブルーです。

再生機器:ブルーレイ対応の機器だけでブルーレイが再生できるが、DVDはブルーレイを読み込める機器でも再生できます。

価格:DVD側のほうがお手頃で購入でき、ブルーレイディスクとブルーレイ対応機器の方が高価です。

耐久性:DVDの読み取りスポットが大きいから、多少の傷があっても恐れないし、適切な環境で保存すれば何年以上もデータは破損しません。ブルーレイの読み取りスポットが小さいですので、少しでも傷があれば再生に障害が生じやすいです。

普及率:手軽に利用できるDVDプレーヤー・レコーダーの普及率が半数を超えることと比べて、ブルーレイはそこまで普及していません。

2、ブルーレイの書き込み回数は?

ブルーレイディスクの書き込み回数は種類によって違います。BD-Rは1回だけ書き込みができて、長期的に保存する時に使われます。BD-REは、約1000~1万回ほど繰り返して書き込みができて一時的に記録するために使われます。

まとめ

以上は、MP4動画をブルーレイに焼く方法のご紹介です。「VideoByte DVD 作成」を利用すれば、MP4動画を簡単にブルーレイディスクに書き込むことができますので、お気に入りの動画ファイルを保存する時に最適な選択とも言えます。

もちろん、ブルーレイディスクに保存した動画ファイルといえば一般的にブルーレイ向けのプレイヤーで再生することが必要ですので、その場合には「VideoByte ブルーレイプレイヤー」という専門的なプレーヤーを試してはどうでしょうか。

0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る