「簡単」YouTube動画をDVDに焼く方法とソフトおすすめ5選

お気に入りのYouTube動画をDVDに焼いて、車で手軽に再生したり、家庭用DVDプレーヤーを利用して大画面のテレビで楽しみたいという方は多いと思います。YouTubeの動画をDVDに焼くというのは、まずYouTubeから動画をダウンロードして、DVD作成ソフトを使ってその動画をDVDに書き込むという操作流れになります。つまり、YouTubeの動画を直接にDVDに焼くことはできません。
そのため、この記事では初心者に向け、YouTube動画を簡単にDVDに焼くことができるフリーソフト5選をおすすめします。YouTube動画をDVDに焼く方法まで徹底的に紹介していきたいと思います。Windows/Macに対応しますので、お見逃しなく!
目次

YouTube動画をDVDに焼く前の準備

YouTubeをDVDに焼くには、以下の準備をしておく必要があります。
  • DVDに焼くたい動画をYouTubeからダウンロードする
  • DVDオーサリングソフト
  • YouTube動画をDVDに焼く方法を身に着ける
YouTube動画をDVDに焼く前に、まずYouTubeから焼きたい動画をダウンロードしなければなりません。周知のように、YouTubeから動画を直接ダウンロードするのは無理なので、特化した動画ダウンロードソフトの力を借りる必要があります。
 
ここでは、100%安全でダウンロードできる「Inovideo 究極動画ダウンローダー」を利用可能です。以下の手順に従って、DVDに焼くつもりがあるYouTube動画をダウンロードしましょう。
1、YouTubeの動画の再生URLをコピーして入力欄に貼り付けてから「分析」を押す
2、需要によって動画の画質、形式を選択してから「OK」をクリックする
3、すると動画のダウンロードが始まり、完成するまでお待ちください
お気に入りのYouTube動画をダウンロードしたら、ダウンロードしたYouTube動画をDVDに焼くことができます。 以下は、5つのフリーソフトを紹介して、YouTube動画をDVDに書き込む方法も説明します。自分に合ったソフトを選びましょう。

YouTubeをDVDに焼くためのソフトTOP1、VideoByte DVD 作成

おすすめ度:★★★★★

VideoByte DVD 作成」はWindows10/11、Mac対応のDVD焼くソフトで、MP4、MOV、AVI、MPEG、TS、VOB、FLVなどあらゆる動画ファイルをDVD・ブルーレイディスク/フォルダ/ISOファイルに書き込むことができます。オリジナル画質を保持して、また1080P、4Kの超高画質で動画をDVDに焼くことができます。動画圧縮や動画編集機能も搭載しているし、思う通りにYouTubeの動画をカスタマイズして、DVD化にすることができます。インターフェースが簡潔で、初心者でもすぐ使いこなせます。

MP4、MOV、AVIなどの動画を高画質でBD・DVDディスク/フォルダ/ISOファイルに書き込めるソフト

  • あらゆる動画ファイルをBD・DVDに焼ける
  • 強力的な動画編集機能を搭載
  • DVDメニューをカスタマイズ
  • ライブプレビュー機能搭載

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

以下は「VideoByte DVD 作成」でYouTube動画をDVDに焼く具体的な手順です。
ステップ1、ソフトを起動して、 「DVD 作成」 を選択します。そして、「メディアファイルを追加」 をクリックして、パソコンからDVDディスクに焼きたいYouTube動画をソフトにロードします。
メディアファイルを追加

ステップ2、焼き用のR/W対応DVDディスクをドライブにセットします。そしてディスクのタイプによって、 「DVD-5」 或は 「DVD-9」 を選択します。

DVDの挿入と設定
ステップ3、ソフトにはカット、回転などの編集機能があり、輝度、コントラスト、ボリューム、飽和度なども調整できます。またメニューを作成することもできます。すべての準備が済んだら、 「開始」 を押すと、ダウンロードしたYouTube動画をDVDに焼く作業が開始します。
動画をDVDに焼く
上記のように、「VideoByte DVD 作成」を利用して、たった3ステップで簡単にYouTubeの動画をDVDに変換することができます。お気に入りのYouTube動画をDVDに焼いて保存したら、高画質なYouTube動画をテレビ画面やカーナビでのんびり楽しむので、とても便利ですね。ぜひダウンロードして無料でご利用ください。

ビデオチュートリアル:YouTube動画をDVDに焼く方法

YouTubeをDVDに焼くためのソフトTOP2、DVD Styler

おすすめ度:★★★★

DVD Styler」はWindowsとMacに対応してDVD作成フリーソフトで、YouTube動画を含む各種動画ファイルをメニュー画面付きのDVDデータに変換してくれます。メニュー画面を複数に作成する機能や、作成したデータをDVDに書き込む機能、音声や字幕を多重化する機能、ISOイメージファイルを作成する機能なども搭載しています。詳細な設定やメニューの編集は行えません。メニュー内に日本語テキストを入れると文字化けすることをご注意。

「DVD Styler」を使ってYouTube動画をDVDに焼く手順は以下の通りです。
ステップ 1、ソフトを開き、DVDを作成するための映像ビットレート、映像フォーマットなどのプロジェクトを設定します。
ステップ 2、 DVDに焼きたいYouTube動画をソフト画面の下部の空白スペースにドラッグ&ドロップします。
ステップ 3、 ディスクアイコンをクリックし、「開始」ボタンをクリックすると、YouTube動画の DVDへの書き込みが開始されます。
でも、「DVD Styler」を利用してDVDを焼く段階で失敗になってしまったことがよくありそうです。その場合は、他のWindows10/11とMacでうまく動画をDVDに焼くことができるソフトを検討しましょう。

YouTubeをDVDに焼くためのソフトTOP3、ImgBurn

おすすめ度:★★★

ImgBurn」はWindows10に対応し、ISO/BIN/IMG/NRGをはじめとする全21種類のディスクイメージ形式をサポートするDVD/BD焼くフリーソフトです。ディスクのイメージファイルへの読み取り、ディスクへのイメージファイルの書き込みなどが主要機能となります。だから、YouTube動画をイメージファイルとして保存し、DVDに焼くことができます。でも、日本語化するには、別途日本語化ファイルをダウンロードする必要があります。日本語化にするのも一手間かかるため、基本的に上級者向けのソフトだと言っても良いかもしれません。

ImgBurn
ここでは、「ImgBurn」を使ってユーチューブ動画をDVDに焼く方法を紹介します。
 
ステップ 1、まず「ImgBurn」を起動して、メニュー画面の左上にある「イメージファイルをディスクに書き込み」をクリックします。
ステップ 2、空のディスクをパソコンのドライブに挿入すると、ソフトにディスク情報が表示されます。イメージファイルとして保存したYouTube動画をソフトにロードして確認します。
ステップ 3、 画面の以下のアイコンをクリックして、YouTube動画のDVDへの書き込みを開始します。
ImgBurn-2
ただし、「ImgBurn」はMacシステムには対応していませんのでご注意ください。また、初心者の方は、操作がよりシンプルな「VideoByte DVD 作成」をかわりに使用した方がより効率的だと思います。MacとWindowsの両方に対応できます。素人でもちょっとした練習さえすればDVDへの書き込みを手軽に扱えます。

YouTubeをDVDに焼くためのソフトTOP4、BurnAware Free

おすすめ度:★★★

BurnAware Free」はWindows10/11でも使えるCD/DVD/Blu-rayディスクに対応したシンプルなライティングフリーソフトです。音楽CDやDVDビデオ、データディスク、ブートディスクが作成できます。ISOイメージの作成にも対応しており、ISOイメージからディスクへの書き込み機能も備えています。しかし、Macシステムには対応しておらず、YouTube動画などの動画をDVDに作成したら、DVDプレーヤーでは認識しなくて、再生できない場合があるという。

注意: このソフトは英語で表示されます。手動で日本語化するためには、日本語化ファイルを自分でダウンロードする必要もあります。
「BurnAware Free」でYouTubeの動画をDVDに焼く方法は以下の通りです。
 
ステップ 1、「BurnAware Free」をインストールして開き、画面の中で「データディスク」を選択します。
ステップ 2、DVDに焼きたいYouTube動画を画面中央にドラッグ&ドロップします。
ステップ 3、ディスクの種類で「DVD」を選択します。左上の 「書き込み」をクリックして、YouTube動画のDVDへの書き込みが始まります。

YouTubeをDVDに焼くためのソフトTOP5、Windows DVD メーカー

おすすめ度:★★

Windows DVD メーカー」はWindowsに標準搭載するDVDオーサリングソフトで、AVI/MPG/WMV/ASFなど動画ファイルやBMP/GIF/JPG/PNG などの画像ファイルをDVD化して家庭用DVDプレーヤーで再生できるDVDに焼け付けることができます。もちろん、Windowsパソコンに保存されているユーチューブ動画をDVDに焼くことも可能です。他のDVD作成ソフトに比べると、対応形式が限られていたり、詳細なオプション設定を行えなかったりするという欠如があります。

「Windows DVD メーカー」を使って、Windowsパソコンに保存されているYouTube動画をDVDに書き込む方法については、以下の記事をご参照ください。
また、Windows10/11ではWindows DVD メーカーがサポートされていません。お使いのパソコンはWindows10/11であれば、前に紹介した「VideoByte DVD 作成」がおすすめです。持続的に更新されているため、バージョンアップにより使えなくなることがなくて安心です。

YouTube動画をDVDに焼くためのソフトの比較

以上はYouTube動画をDVDに焼くことができるフリーソフトと方法を紹介しました。それぞれの特徴をまとめる一覧表を用意しましてご参考ください。
製品名称VideoByte DVD 作成DVD StylerImgBurnBurnAware FreeWindows DVD メーカー
おすすめ度
★★★★★
★★★★
★★★
★★★
★★
DVDの書き込み速度
★★★★★
★★★★
★★★★
★★★★
★★★
DVD品質
Windows10/11対応

(Windows 11未対応
×
Mac対応 × ××
日本語対応
××
メニュー作成×××
動画編集
×××
動画圧縮
××××
対応形式
DVD ·BDディスク/フォルダ/ISOファイル
AVI, MOV, MP4, MPEG, OGG, WMV その他のファイル形式
ISO/BIN/IMG/NRGなどのディスクイメージ形式
CD/DVD/BDディスク
AVI/MPG/WMV/ASFなどの動画ファイル
デメリット完全無料ではない(業界平均より低価格)詳細な設定やメニューの編集は行えない、文字化けする、Windows10との互換性が悪い日本語化する手間がかかる、ISOイメージファイル以外の形式に対応しないDVDプレーヤーでは認識しない場合がある対応形式が少ない、詳細なオプション設定を行えない
これで、ユーチューブ動画をDVDに焼き込むソフトと方法まで色々説明しました。DVDを焼くためのソフトを別途インストールする必要がない場合は、Windowsに搭載されている「Windows DVD メーカー」を利用することができます。
 
YouTube動画を編集したり、メニューを付けたりしたい場合は、「VideoByte DVD 作成」と「DVD Styler」を選択できます。 複数のYouTube動画を書き込みたいが、DVDディスクのメモリ不足が心配な場合は、「VideoByte DVD 作成」の動画圧縮機能を使用することもできます。また、「VideoByte DVD 作成」でYouTube動画の高品質を維持でき、書き込み速度と成功率が最も高くなります。無料でダウンロードして試してみてください!

YouTube動画をDVDに焼くことに関する問題

YouTube動画をDVDに焼くのは違法ですか?

車内や自宅のテレビでお気に入りのYouTube動画を自分用に楽しみたい場合、YouTube動画をダウンロードしてDVDに焼くことは違法ではありません。ただし、YouTubeの動画をDVDに焼いたら、そのDVDを営利目的で販売するのは違法です。

スマホのYouTube動画をDVDに焼くことはできますか?

もちろん、スマホからYouTube動画をDVDに焼くこともできます。無料でYouTubeをDVDに書き込みたい場合は、まずスマホの画面録画機能を使用してYouTube動画を保存します。そして、保存されているユーチューブ動画をパソコンに転送してから、信頼できるDVD作成ソフトを使ってDVDに焼くことが可能です。

YouTubeのDVDを作成するのに使えるMacの標準機能は?

「Finder」はMacの標準機能で、Macのパソコンに保存されているYouTubeの動画をDVDに焼くこともできます。ただし、FinderでDVDに焼いた動画は、一部のプレーヤーで再生できない場合があり、DVD焼きの成功率も低いことにご注意ください。以下、「Finder」でYouTube動画をDVDに焼く方法を説明いたします。
 
ステップ 1、空のDVDディスクを外付けドライブに挿入し、Macパソコンに接続します。 ウィンドウがポップアップすると、「Finder を開く」を選択します。
 
ステップ 2、DVDに作成したいYouTube動画を見つけて、Finderにドラッグします。
 
ステップ 3、そして「名前未設定CD」の横にあるディスクアイコンをクリックすると、ディスク名と作成速度を設定するためのウィンドウが表示されます。
 
ステップ 4、設定が完了したら、「ディスクを作成」をクリックして、YouTube動画のDVDへの書き込みを開始します。

まとめ

以上、YouTube動画をDVDに焼くためのソフトと方法について説明しました。おすすめの五つのソフトの中から一つを選んでYouTubeの動画をDVDに焼き込む方法を学べばいいです。実用性や機能性などから考えると、「VideoByte DVD 作成」は一番お薦めです。YouTubeの動画をDVDに変換する楽しい体験をもたらし、DVDプレーヤーでもYouTube動画を高画質で楽しめるようになることを期待します。今すぐダウンロードしてください。
0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る