【2022最新】無料で使えるDVDオーサリングソフトおすすめ7選

結婚式・披露宴当日に撮影した映像、旅の途中に撮った素晴らしい風景、友達や家族との大切な思い出を記録する記念Vlogなどのビデオを永遠に保存するために、それらのビデオをDVDに書き込み・焼くことが多いでしょう。

ビデオをDVDに書き込みましたら、家庭用DVDまたはブルーレイプレーヤーで再生したり、他人に配布して共有したりすることもできます。DVDの書き込みに必要なツールはオーサリングソフトです。今回は、Windows10/8/7やMacで無料で使えるDVDオーサリングフリーソフト7選をご紹介します。本記事を読めば、自分のニーズに応じる最適なオーサリングソフトを見つけることができますよ。

目次

DVDオーサリングソフトおすすめ1: VideoSolo DVD作成

対応OSWindows10/8/7など、MacOS 10.8またはそれ以降
日本語対応
入力形式AVI、MPEG、MP4、VOB、FLV、M2TS、MTS、TS、 SWF、MKV、MPGなど数十種類
出力形式DVDディスク(DVD-5、DVD-9)/ブルーレイディスク(BD-25、BD-50)/フォルダ/ISOファイル

まずは、業界最強のオーサリングソフトの「VideoByte DVD作成」をお薦めします。DVDやブルーレイ両方とも対応しているオーサリングソフトとして、インターフェースが簡潔なので初心者でも割と直感でMP4などの動画をDVDに書き込めます。DVD書き込み、オーサリングはもちろんのこと、メニュー付き、言語字幕と音声トラックの選択や追加、不要映像削除(再編集)など実用な動画編集機能が付いています。またDVDオーサリングを行う時に、メニューテンプレートを選ぶことができる他、出力画質とディスクタイプ(一層式または二層式)を選択することができます。

「VideoByte DVD作成」の魅力は、DVDオーサリング性能の高さだけではありません。競合オーサリングソフトと比較して、「VideoByte DVD作成」は無料で使える体験版を提供している以外に、さらに30日間返金保証付きで割安な価格で販売されています。

初心者向けのリッピングソフトだから、使い方は超簡単で、流れに従えば自分でWindows10/8/7・Macを使ってDVDやブルーレイを無料でオーサリング出来ます!次はわかりやすい使い方をご説明させていただきます。

より詳しい手順は、【初心者向け】MacでMP4をDVDに焼く手順までご参照ください。

DVDオーサリングソフトおすすめ2: DVD Memory

対応OSWindows XP/Vista/7/8/8.1/10、Mac OS X 10.7またはそれ以降
日本語対応
入力形式AVI、MP4、M4V、MOV、MKV、FLV、WMV、MPG、MPEG、VOB、RMVB、BMP、JPEG、PNG、TIFF、GIF、ICOなど
出力形式DVDディスク、CD、ブルーレイ

有料のDVDオーサリングソフト「DVD Memory」は、動画ファイルをDVDディスクやDVDフォルダ、ISOファイルにオーサリングすることができます。書き込み可能な形式が幅広いで、MP4、MOVなどのよくみられる動画ファイルからJPEG、PNGなどの写真形式まで対応できます。また、MP3、AACなどのオーディオ形式をCDにオーサリングできるのはのは非常に有難いです。

WindowsとMacとも対応可能ですが、残念ながらMac版ではブルーレイのオーサリングに対応していないため、ブルーレイのオーサリングを行いたいMaユーザーにおすすめしません。しかも、「DVD Memory」の有料の年間更新版は 3980(税込み)で価格が上回っています 。DVD Memoryよりも安くて高画質・高性能なオーサリングソフトを求めば、高性能・コスパが良い「VideoByte DVD作成」のようなオーサリングソフトを利用することがおすすめです。

dvd-memory

DVDオーサリングソフトおすすめ3: Windows DVDメーカー

対応OSWindows Vista (32 & 64 bit), Windows 7 (32 & 64 bit)
日本語対応
入力形式avi, mpg, m1v, mp2v, mpeg, mpe, mpv2, wm, wmv, dvr-ms, wtv, asf
出力形式DVDディスク、ISOイメージ

Windows DVDメーカー」は、Windows 8/7向けの無料DVDオーサリングソフトです。Windowsに標準搭載されているフリーソフトなので、新たにインストールしたり購入する必要がないのが人気の秘訣です。たまにDVDオーサリングを無料でしたいWindowsユーザーにお薦めします。

欠点と言えば、最新バージョン Windows10やMacに対応しない ことです。また、DVDオーサリングフリーソフトとして、無料でDVD書き込みを行えるが、不足があります。例えば、オーサリング可能な動画ファイル形式は少なめで、AVI、MPEG、WMVしか対応できません。そのため、MP4、MOVなど動画を正常に読み込み、オーサリングするには、「avi」などの形式に再エンコードする必要があります。初心者向けのDVDオーサリングソフトとしてはかなりオススメですが、他の編集ツールとの協調性に乏しく、システム構成に起因してエラーを起こしやすいです。より専門的なDVDオーサリングソフトを選択したほうが賢いと思います。

Windows DVDメーカーを使って、動画ファイルをDVDに書き込もうとする気があれば、以下の関連記事を参考することができます。

DVDオーサリングソフトおすすめ4: DVD Style

対応OSWindows 2000/NT/XP/Vista/7/8
日本語対応
入力形式AVI, ASF, WMV, FLV, MP4, MPEG(MPEG-1 / MPEG-2, DV, VOB, M2TS, MKV, WebM, OGG, OGM, RM, MOV
出力形式DVDディスク、ISOファイル
DVD Style」はオープンソースソフトウェアであり、無料でDVDのオーサリングを実行するDVD オーサリングフリーソフトです。無料のオーサリングソフトとしてDVDメニューの作成、追加動画の開始時間や終了時間を指定した切り出し、DVDへのオーサリングなどのDVD書き込み機能を備えて、プロ級の見栄えのDVDを作成することが可能です。
 
DVD StyleはWindows10が対応できます。ただ、日本語化する必要なソフトで、文字化けになる場合もあります。DVDをオーサリングするための設定項目が多すぎて、初心者にとって難しいです。ソフトの操作が難しく思うなら、使いやすい他のDVDオーサリングを使いましょう。

DVDオーサリングソフトおすすめ5: DVD Flick

対応OSWindows 2000/XP/Vista/7/8
日本語対応
入力形式avi, divx, mpg, m2v, mpv, ts, wmv, asf, flv, mp4, m4v, mkv, ogm, rm, 3gp, mov, qt, hdmov, mjpg, nut, nsv, smk
出力形式DVDディスク、ISOファイル

DVD Flick」は、あらゆる動画ファイルから家庭用のDVDプレーヤーにて再生できるDVDを作成出来る DVDオーサリングフリーソフト です。動画タイトルの編集、DVDメニューの作成などDVDオーサリング機能をサポートします。

操作がシンプルですが、長い間更新されていないせいか、DVDメディアへの書き込み時間が長いです。また、VOBファイルへのオーサリングでは、フレームずれと音切れが発生する事が多いです。それに、チャプター作成はプレビューしながら作成できず、ちょっと不便だと感じられます。便利さを重視している方は使い勝手が良い「VideoByte DVD作成」はよりいい選択です。

DVDオーサリングソフトおすすめ6: ImgBurn

対応OSWindows 2000/XP/Vista/7/8
日本語対応(日本語化が必要)
入力形式ISOイメージ, DVDフォルダ, DVD, BIN, NRG, CDI, CDR, GCM, GI, IMG, LST, MDS, PDI, UDI
出力形式DVDディスク、ISOイメージ 、DVDフォルダ

ImgBurn」は高機能なDVDオーサリングフリーソフトで、無料で動画ファイルをDVD・BDに書き込むことができます。フリーソフトでありながら、ライティング機能が充実しています。既に開発終了になっているため、偶には不具合が発生する可能性があります。

ImgBurnで作成したDVDはMPEG-2形式で書き込まれないのがデメリットです。一部の家庭用レコーダー、DVDプレーヤーで再生できないこともあるそうです。このフリーソフトでのDVDオーサリングがうまくいかない場合、もっと専門的なDVDオーサリングソフトを使うのがお薦めです。

imgburn

DVDオーサリングソフトおすすめ7: Freemake Video Converter

対応OSWindows XP/Vista/7/8/8.1/10
日本語対応
入力形式AVI、MP4、MKV、WMV、MPG、3GP、3G2、SWF、FLV、TOD、AVCHD、MOV、DV、RM、QT、TS、MTSなど
出力形式DVDディスク、DVDフォルダ

Freemake Video Converter」はDVD書き込み・動画変換など多彩な機能を搭載しているオールインワンソフトです。ビデオをDVDに書き込む時のメニュー作成、字幕追加も対応しています。このDVDオーサリングソフトによって作成されたDVDがパソコンで無事に再生できますが、家庭用DVDレコーダー、DVDプレーヤーで再生できない可能性もあります。DVD書き込みの速度はちょっと遅く感じられます。

Freemake Video Converter

DVDオーサリングソフトの比較一覧

以上はDVDオーサリングソフトおすすめ7選のご紹介でした。それぞれの機能を以下の一覧表で大まかにまとめてみました。このまとめ表を参考になさって、自分のニーズに最適なDVDオーサリングソフトを選びしょう。

 VideoSolo DVD作成DVD MemoryWindows DVDメーカーDVD StyleDVD FlickImgBurnFreemake
対応OSWindows10/8/7・MacWindows10/8/7・MacWindows8/7Windows10/8/7Windows10/8/7Windows8/7Windows10/8/7
オーサリング速度★★★★★★★★★☆★★★☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★★★☆☆★★★☆☆
4K動画の書き込み
DVDフォルダに書き込む
BDオーサリング
ISO作成
動画編集
デメリット完全無料ではありません(業界平均より低価格)割高、コスパが低い(Macだとブルーレイ未対応)Windows10に対応不可別途日本語化が必要オーサリング時間が長い不具合が発生しやいBDオーサリングに未対応

DVD・BDオーサリングとは

ここで、オーサリングの豆知識をご説明いたします。 オーサリングとは 、テキストやマルチメディアのデータから、ひとつのコンテンツを作成することです。または、そのようなコンテンツをDVDなどのメディアとして作成する(焼く)ことです。一般的に、オーサリングには画像作成や動画編集など幅広い作業内容が含まれます。 簡単に言えば、DVDオーサリングは、市販映画DVD/BDのようなものを作ることです。

以上ではおすすめのDVDオーサリングソフトについてのことを簡単に紹介しました。皆さんはオーサリングソフトそれぞれの特徴によって自分にあった使いやすいソフトを利用しましょう。総合的に見れば、「VideoByte DVD作成」の機能が最も豊富です。無料試用版も提供されているため、たった数枚のDVDを作成しようとする場合に最適なDVD・BDオーサリングに違いません。

5 1 投票
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る