【無料可能】MOVファイルをDVDに焼くベストなやり方

「iPhoneで撮影したMOV動画をDVDへの書き込みは可能でしょうか。」ネットでこういう質問がよく見られます。MOVは高い解像度、すばらしい細部などのメリットがあるので、ユーザーに愛用されて、DVDに書き込みたい人もたくさんいます。で、この問題に困られる方がいるかもしれないと思いますから、筆者はWindows10/8/7でもMacでも使える最適なMOVファイルをDVDに焼くやり方を用意して、皆さんに詳しく説明します。

MOV動画をDVDへの書き込み

MOV変換は、ファイルをコピーしてDVDディスクにペーストするだけではない、ファイルをエンコードする必要があります。だからWindows10/8/7でもMacでも使えるMOVファイルをDVDに焼く専用のソフトがなければなりません。ここで、MOV変換の専用ソフト―「VideoByte DVD 作成」を紹介しよう。

MP4、MOV、AVIなどの動画を高画質でBD・DVDディスク/フォルダ/ISOファイルに書き込めるソフト

  • あらゆる動画ファイルをBD・DVDに焼ける
  • 強力的な動画編集機能を搭載
  • DVDメニューをカスタマイズ
  • ライブプレビュー機能搭載

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

このソフトは300種類以上の入力形式に対応、手軽にMOVなどの動画を好きのようにDVDディスクへの書き込みができます。Windows10/8/7やMacでMOVファイルをDVDに焼くという機能だけではなく、「VideoByte DVD 作成」はネットでダウンロードしたオンライ動画をDVDに変換する機能も搭載しています。つまりYouTubeなどのオンライン動画サイトから動画をDVDに焼くことも可能です。

では、MOVファイルをDVDに焼く具体的な使い方を説明します。

1、MOV変換用のDVDディスクをDVDドライブに入れる

インストールしたソフトを起動した後、MOV変換用のDVDディスクをDVDドライブに入れる。するとソフトはディスクの容量を表示します。そして、ディスクのタイプ、需要の解像度などによって、ソフトの下にある選択項目を選びます。
DVDの挿入と設定

2、DVDに書き込みたいMOVを追加する

次に、 「メディアファイルを追加」 ボタンで、DVDに書き込みたいMOV動画をソフトに追加します。
メディアファイルを追加

3、「.MOV」拡張子の動画ファイルを編集する

もし「.MOV」拡張子の動画ファイルの向き、カットなどの編集をしたいなら、追加された動画の右にある魔法棒のようなボタンを押してください。すると動画編集メニューが現れます。この機能で、「.MOV」拡張子の動画ファイルを編集することができますので、皆さんは需要によってご利用ください。

編集が完成した後、 「適用する」 を押するとメイン画面に戻ります。そして 「次へ」 をクリックします。

編集画面に入り

4、DVDメニューを作成する

その後、DVDメニューの作成画面に入ります。メニューは必要でない場合、右下にある 「メニューなし」 にチェックを入れていいです。準備ができたら、 「焼く」 ボタンを押してください。

DVDメニューを作成

5、MOVからDVDへの変換が開始

それから、最終確認画面に入ります。MOV変換の保存先はDVDディスクかどうか、再生モードなどの情報をぜひ確認お願いします。準備ができたら、 「開始」 ボタンを押すとMOVをDVDへの書き込みは開始します。

注意:エラーが出ないようにMOV変換中にはDVDディスクを取り出しないでください。

動画をDVDに焼く

本当にカンタンなMOVをDVDへの書き込み方法ですね。興味があれば、ぜひご利用ください。

補足:DVDをMOVに変換しようとしたら、Windows10/8/7やMacとも使える「VideoByte BD-DVDリッピング」を利用することがおすすめです。このソフトは強力的なコピーガード解除機能を搭載するので、AACS、CSS、CPRMなどの頑丈なガードを手軽に解除され、高速·無損失でブルーレイ・DVDをMP4、MKVやMOVなど300種類以上形式にリッピング・変換できます。

0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る