【無料・簡単】iPhoneで撮影した動画をDVDに焼く方法

日常生活の記録のために、iPhoneでビデオを撮影してVlogを作る人がどんどん増えています。iPhoneのストレージ容量を節約したい、iPhoneで撮影した動画を親友にシェアしたい、大切にするビデオをバックアップして永久に保存したいと思って、iPhoneで撮影した動画をDVDに書き込むニーズが高まるらしいです。

ではiPhoneで撮った動画をDVDに焼くにはどうすればいいのでしょうか。本記事は、無料且つ初心者でもすぐ使いこなせるiPhoneの動画をDVDに焼く方法、及び使い勝手の良いツールを含めて紹介します。

iPhoneの動画をパソコンに転送する

パソコンでiPhoneの動画をDVDに焼く前に、その動画をPCに転送して保存する必要があります。この場合、iPhoneからパソコンに動画を転送するソフトと、DVD作成ソフトの2タイプのソフトが必要となります。

DoTransでiPhoneの動画をパソコンに転送

ここでは、使いやすい「FonePaw DoTrans」という転送ソフトを使って、iPhoneからPCに動画を転送する手順を簡単に説明します。「FonePaw DoTrans」はモバイル端末向けのプロのデータ管理ソフトで、iPhone、iPad、Androidなどデバイスから写真、画像、動画、SMS、連絡先などデータを簡単に転送・バックアップすることができます。

ステップ1、ソフトを起動して、iPhoneをUSBケーブルでコンピュータに接続します。それで、ソフトはiPhoneを自動的に検出します。

ステップ2、左側のメニューから「ビデオ」を選択すると、iPhone内の動画が全て表示されます。DVDに作成しようとする動画にチェックを入れ、上のツールバーから「PCへエクスポート」で、保存場所を設定してから、「OK」ボタンをクリックすれば、動画の転送が開始します。

FonePaw DoTrans

iPhoneの動画をパソコンに手動で転送

データ転送ソフトを使わなくても、USBケーブルを使うだけで、iPhoneの動画をパソコンに手動で移すこともできます。

 

ステップ1、USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

ステップ2、iPhone側で「このコンピュータを信頼しますか」というポップアップが表示され、「信頼」ボタンをクリックします。

ステップ3、パソコンで「マイコンピュータ」フォルダを開き、iPhoneのアイコンを開き、「Internal Storage」フォルダにアクセスします。

ステップ4、フォルダにある動画を右クリックして、「コピー」を選択し、パソコンに貼り付けて保存します。

iPhoneの動画をDVDに焼くためのソフトおすすめ

VideoByte DVD 作成」は初心者から上級者まで簡単に使えるプロなDVD作成ソフトで、MP4、MOV、AVI、MPEG、TS、VOB、FLVなど多種類の動画ファイルを高画質でDVD/ブルーレイディスク/フォルダ/ISOファイルに書き込めます。自分で撮った動画だけでなく、配信サイトからダウンロードしたストリーミング動画も元画質を保ったままDVDに焼くことができます。DVD-5/DVD-9、 BD-25/BD-50汎用ディスク種類に対応します。

更に、動画のカット、回転、チャプターの分割・結合、動画効果、音声編集・追加など豊富な編集機能が揃っています。結婚、旅行、行事などのメニューテンプレートが提供され、個性あふれるDVDをカスタマイズして作成することができます。DVD作成にうってつけのソフトと言っても過言ではありません。

iPhoneで撮った動画をDVDに焼く手順

次は、この使い勝手が良いDVD書き込みソフトを利用して、iPhoneの動画をDVDに焼く手順を紹介します。

ステップ1、「VideoByte DVD 作成」をダウンロード・インストールする

お持ちのパソコンによって、Win/Mac版の「VideoByte DVD 作成」をパソコンにダウンロードして、それからインストールします。

ステップ2、PCに保存したiPhoneの動画をソフトに追加する

インストールしたソフトを起動して、ソフトの中にある 「メディアファイルを追加」 ボタンをクリックして、DVDに焼こうとする動画をソフトに追加します。

ディスクタイプを選択

ステップ3、空のDVDディスクとPCにセットする

そして、書き込み用のR/W対応DVDディスクをPCのドライブに挿入します。ディスクのタイプによって、「DVD-5」或は 「DVD-9」を選択します。

DVDの挿入と設定

ステップ4、DVDメニューを作成する

すると、DVDメニューの作成画面に入ります。メニューを作成したいなら、このメニュー作成機能で手軽に作成できます。ソフトは無料メニューテンプレートをたくさん提供して、ダブルクリックすれば利用できます。テンプレート中のボタンの移動、文字の編集など調整できます。

「プレビュー」 ボタンを押すれば、作成したメニューもプレビューできます。完成した後、 「焼く」 をクリックしてください。

DVDメニュー作成の必要がないなら、 「メニューなし」 にチェックを入れて 「焼く」 をクリックすれば、このステップをスキップできます。

DVDメニューを作成

ステップ5、動画をDVDに焼く

最後、DVDに書き込む動画ファイルの保存先を確認し、「Discにライディング」にチェックを入れた後、「開始」をクリックすれば、iPhoneの動画をDVDに焼きはじめます。書き込むプロセスが完了する前に、パソコンを操作しないでしばらく待ちください。

動画をDVDに焼く

iPhone動画をDVDに焼くに関するよくあるご質問

ここでは、iPhone動画をDVDに焼くということについてよく聞かれる質問を整理してみました。いつかお役に立てるかもしれません。

iPhoneに保存してある複数の動画をDVDに焼く事はできますか?

iPhoneで撮影した動画は短いものがほとんどです。複数の動画を一つのDVDに作成したいと思った人も多いでしょう。結論から言えばもちろん可能です。「VideoByte DVD 作成」の強力ツールから「チャプターを結合」を使用して、ソフトに追加した複数の動画を一つのビデオファイルにまとめて、そしてそのビデオファイルをDVDに焼くことができます。

チャプターを結合

パソコンを持っていなくてもiPhone内の動画をDVDに焼くことができますか?

パソコンがない場合は、SDカードリーダーやSDカード、DVDライターを使うことが主な方法です。まず、SDカードリーダーにSDカードを差し込み、iPhoneとLightningコネクタで接続するか、Wi-FiやBluetoothなどワイヤレスで接続して、SDカードにiPhoneの動画を転送します。動画の転送が終了したら、DVDライターにSDカードを入れて、DVDに焼きます。

DVD作成ための設備を揃うのがお金かかるし、自分で操作するのも面倒だと思ったら、カメラのキタムラの店舗に頼んでもOKです。カメラのキタムラの店舗にiPhoneを持っていき、スタッフの方に声をかけて相談を取ればよいです。

焼き立てのDVDが家庭用のDVDプレイヤーで再生できないのがなぜですか?

iPhoneの動画をDVDに書き込んで、家庭用のDVDプレイヤーで見るには、動画を専用形式の「MPEG-2」に変換するのが必要です。この問題を避けるように、専用の動画形式変換ソフト「VideoSolo 動画究極変換」を使用して、iPhoneの動画をMPEG-2に変換すればいいです。

VideoSolo 動画究極変換

iPhoneに保存した長い動画(2時間30分ほど)をDVDにコピーできません、なぜですか?

この動画ファイルのサイズがご用意したDVDディスクの容量を超えているかもしれません。この場合、DVD容量に入るようにデータサイズを調整すればいいだけです。動画圧縮というような作業によって、できるだけ動画のサイズを小さくしましょう。

最後に

以上はiPhoneで撮影した動画をDVDに焼く方法のご紹介です。「VideoByte DVD 作成」を使えば、iPhoneで撮影した動画をDVDに焼けるだけでなく、YouTubeの動画をDVDに焼くことも手軽にできます。更にDVDに自分の透かしや字幕を追加することも可能です。

0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る