VideoByte BD-DVDリッピングの最新レビュー!価格や使い方を評判

大人気のリッピングソフト「VideoByte BD-DVDリッピング」(旧 VideoSolo BD-DVD リッピング)はDVDとブルーレイのリッピングに両方対応するという強力な機能を持ち、多く利用されています。DVDとBlu-rayのリッピングに関するたくさんの記事に推奨されていますが、その正体は?本記事では、VideoByte BD-DVDリッピングの実際のリッピング手順を元に、このソフトの使い方や使用感を徹底的にレビューします。また、最も注目されるソフトの価格、ユーザーからの評判などの情報もまとめて公開していきます。

目次

VideoByte BD-DVDリッピングについて

VideoByte BD-DVDリッピング」は元の名前がVideoSolo BD-DVDリッピングで、最近ブランド名の変更に伴って改名されています。「VideoByte BD-DVDリッピング」は市販・レンタル・地デジ録画・ディズニー・アダルトなどほぼあらゆる種類のDVDとブルーレイのリッピングに完璧に対応する卓越したリッピングソフトです。

対応OSWindows 10/8/7/Vista/XP (SP2 以降)、Mac OS X 10.7 以降 (macOS Catalina)
日本語対応可能、直接に切り替え
DVDコピーガード対応CSS、CPRM、CPPM、UOPs、ARccOS、UOPs、リージョンコードなど、あらゆるDVD/Blu-rayコピーガード
入力形式自作・レンタル・市販・録画DVD/BDディスク、DVD/BDフォルダ、ISOファイル
出力形式無損失MPG、MP4、AVI、MP3、MKVなど、ISOファイルとDVD/BDフォルダ
特別機能

DVD・ブルーレイ同時に対応、メイン動画自動検出、動画編集機能、動画圧縮など

VideoByte BD-DVDリッピングの主な機能

VideoByte BD-DVDリッピングはDVDとブルーレイをリッピングしMP4/MP3/AVI/MKVなど汎用性が高い動画・音声形式に変換できるほか、DVD/BDディスクからDVD/BDフォルダとISOイメージファイルへの出力もサポートしています。独自開発したコピーガード解除機能で、商業化のDVDとブルーレイに施されたCPRMなどほぼすべてのコピーガードを手軽に回避することができます。

300種類以上の出力形式が提供されており、更にiPhone/iPad/Androidなどデバイス対応形式プロフィールも用意されて、どんなニーズも満たすことができます。その以外、コーデック、ビットレート、フレームレート、解像度、ビデオ画質、出力サイズ、サンプルレートなどのパラメータを自由に変更したり、回転・クロップ、ビデオの結合やカット、字幕/音声トラックを設定したりするなど動画を需要に応じて編集したりする機能も搭載しています。コントラスト、飽和度、輝度、色相も調整できる、機能が充実した高性能なソフトです。

総じて言えば、VideoByte BD-DVDリッピングの特徴は下記です

  • 多種多様なDVD/ブルーレイディスクのリッピング・変換をサポートしている
  • DVD/ブルーレイをDVDフォルダ/ISOファイル/普通の動画ファイルに変換できる
  • DVD/Blu-rayディスクに付けられるあらゆるタイプのコピーガードの解除に対応
  • すべて字幕及び全オーディオトラックを保持したままにDVDとブルーレイを変換
  • DVDの場合は無損失MPGで出力、BDの場合は無損失MKVで出力できる
  • ハードウェアアクセラレーション技術で高速リッピングを実現できる他、基本的な編集機能が用意されている

DVD・BDをリッピングしてMP4、MKVなどの汎用動画形式に変換できる実用なソフト

  • DVD・ブルーレイに対応
  • 300種類以上の出力形式が提供
  • 無損失の出力は可能
  • 強力的なコピーガード解除機能を搭載

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

VideoByte BD-DVDリッピングの試用版と製品版の違い

本格的に言うと有料ソフトですが、使用してみる価値がある無料試用版も配布されています。VideoByte BD-DVDリッピングの試用版と製品版の区別は以下の通りです。

機能

試用版

製品版

リッピング可能のDVD/Blu-rayの長さ

項目ごと5分

無制限

DVDをフォルダにリッピング

日内5ディスク/30日

無制限

DVDをISO形式にリッピング

日内5ディスク/30日

無制限

ツールボックス機能

(メタデータ編集、動画圧縮、GIF作成、3D作成など)

5ファイル

無制限

高速リッピングオプション

利用できない

利用可能

無料版

制限なしで「VideoByte BD-DVDリッピング」を利用するには、公式サイトでライセンスを購入して、メールで届いてくるコードで登録することで有料版を入手するのが必要となります。ソフトを無料体験した上で、ライセンスを購入するかどうか決めましょう。

VideoByte BD-DVDリッピングの価格

BD-DVDリッピングが利用可能なライセンスの価格は以下のようです。

ライセンス名

料金

内容

月間更新ライセンス

3480円(1ヶ月/1PC・Mac)

1ヶ月間無料アップデート&無償技術サポート

永久ライセンス

6980円(永久/1PC・Mac)

生涯無料アップデート&無償技術サポート

ご注意:複数ライセンスを購入しようとする場合、サポートチームに連絡を取ってください。また価格は更新される可能性があるので、実際の価格がライセンス購入の公式サイトにて改めでご確認ください。

VideoByte BD-DVDリッピングのデモビデオ

VideoByte BD-DVDリッピングの使い方

次はこのソフトを使って、DVDをリッピングしてMP4に変換して出力する手順を例にして、VideoByte BD-DVDリッピングの使い方を紹介します。

VideoByte BD-DVDリッピングのダウンロード・インストール

以下のボタンをクリックして、或いはVideoByte BD-DVDリッピングの公式サイトにアクセスして、ソフトをダウンロードして、プログラムを実行して画面の案内に従って、言語やインストール先を設定してから、ソフトをインストールします。

VideoByte BD-DVDリッピングでDVDをMP4にリッピングする手順

ステップ1.DVDディスクをパソコンのドライブに挿入して、ソフトが起動されたら、自動的にDVDをロードするはずです。そうならないと、中央の「+」をクリックするか、左上の追加オプションをクリックして手動的にDVD/Blu-rayディスクを追加します。

メイン画面

ステップ2.DVDが成功に分析されたら、「メインタイトル」を選択すればいいです。

DVD 成功検出

そして、分析されたディスクの「タイトル」をクリックすれば、中にある動画タイトルが一覧で表示されます。リッピング・変換したい動画タイトルを需要によってチェックを入れて選択できます。

DVDタイトルリスト

ステップ3.「出力形式」からDVDの出力形式をMP4に設定できます。また、リッピング前に、出力ファイルの字幕、オーディオトラックを調整したり、編集機能でトリミングしたりすることもできます。

出力形式を選択

ヒント:このソフトはデフォルトの「動画/音声にリッピング」となっていますが、リストから、「DVDフォルダにリッピング」「DVD ISOフォルダにリッピング」を選択することができます。

DVD 出力形式

ステップ4.更に需要によって、歯車アイコンをクリックして、品質の変更やビットレート・フレームレートを指定したカスタムプロファイルを定義して使用できます。設定が完了したら、右下の「すべてリッピング」で、DVDリッピング処理を開始します。

DVDリッピング中

筆者が実際テストしたリッピングにかかる時間に以下のようです:

DVDの長さ

出力形式

出力時間

ハードウェアアクセラレーション

01:44:14

MKV

22分

起動

01:44:14

MP4

1時間13分

起動しない

この実験結果から見ると、ハードウェアアクセラレーションを有効にすれば、リッピング必要な時間が大幅に節約することができ、効率をだいぶ向上できるのでお薦めします。

以上のように、「VideoByte BD-DVDリッピング」の使い方がシンプルで、インターフェースも簡潔で、最低3つのステップだけでリッピング作業を完遂可能であるため、初心者向けのDVD/Blu-rayリッピングソフトであると認定することができます。専門的な知識を持っていなくても気軽に利用可能で、まさにフレンドリーソフトに間違いないです。

VideoByte BD-DVDリッピングのツールボックス機能

リッピング機能の他、ソフトにツールボックスがあり、メディアメタデータエディター、動画圧縮/強化、GIF作成、3D作成など多彩な機能を利用して、リッピング後のDVD/Blu-ray動画をカスタマイズするのが可能です。

ツールボックス

ツールボックス機能その①:動画圧縮

DVDとブルーレイから抽出された動画ファイルを圧縮して、サイズを小さくすることができる機能です。「動画圧縮」をクリックして、動画ファイルをソースファイルとしてソフトに追加します。需要に応じて圧縮率を調整してから、「圧縮」で動画のサイズを縮小します。

動画強化

ツールボックス機能その②:GIF作成

DVDとブルーレイ中の特定のチャプターとシーンをGIFに変換することができます。「GIF作成」で「動画をGIFに変換」と「画像をGIFに変換」を選択してファイルを追加します。動画ファイルをカットすることで必要な部分だけを残し、不要な部分を除去してから、「GIF生成」でGIFファイルを作成します。

動画をGIFに変換

ツールボックス機能その③:3D作成

簡単に言えば、DVDとブルーレイ内の動画コンテンツに3D効果を添付するという機能です。「3D作成」>動画ファイルを追加>アナグリフを選択するという順で操作をします。

3d作成

ツールボックス機能その④:動画強化

動画鮮明度の向上、ビデオノイズの減少、コントラスト調整、手ブレ補正など、映像の全体の品質を最適化するための機能を提供します。「動画強化」を押して動画ファイルをロードし、需要によってオプションを選択して、動画品質を良くして、綺麗な画面を手に入れてより素晴らしい視覚体験をもたらします。

動画強化

ツールボックス機能その⑤:メディアメタデータエディター

この機能は元のファイルの情報を保持し、またニーズに応じて変更できます。ファイルのタイトル、アーティスト、アルバム、ジャンル、カバーなどをカスタマイズできます。

メタデータエディター

VideoByte BD-DVDリッピングの評判

ここでは実際に、「VideoByte BD-DVDリッピング」を利用している中で感想を説明します。

VideoByte BD-DVDリッピングのメリット

この製品の一番お薦めのポイントは、同じ機能を持つ他社の製品と比べて、価格が安くてコストパフォーマンスがすごく良いと思います。ブルーレイとDVDを両方対応するリッピングに特化した高性能ソフトなので、別途で他の単一の機能を持つソフトをインストールする必要がありません。

リッピングの操作もシンプルで、ソフト画面のガイドに従うだけで簡単に作業を完了することができます。このようなソフトをあまり使わない方でもすぐに使い慣れるので、初心者におすすめします。市販・レンタルなどコピーガードで保護されている商業化DVDとブルーレイを様々な形式に変換して、バックアップを作成したり、デジタル化して永久に保存したりすることは最大の利点だと思います。

AndroidiPhoneiPad、Surface、Xboxなどの各種デバイス専用形式への変換も可能で、リッピングで変換されたファイルを手元のモバイルデバイスに転送して自由自在に再生できます。外出中でもDVD・ブルーレイ映画を視聴したいユーザーにとっては非常に便利なソフトです。

VideoByte BD-DVDリッピングの残念な点

DVD/Blu-rayディスクをコピーして、ブランクDVD/BDディスクへ書き込む機能が備わっていないのが残念なところです。バックアップ作成のために、ソースDVDとブルーレイを新しいDVD/ブルーレイに書き込んで保存する場合、VideoByte社の「VideoByte DVD コピー」を推薦します。

まとめ

本記事では、高い人気を博している「VideoByte BD-DVDリッピング」の機能や特徴、ダウンロード・インストール、使い方を紹介しながら、性能や価格の面において、客観的に評判しました。信頼できる初心者向けのリッピングソフトにして実際使用した上、操作の分かりやすさ、機能の強さと便利さを深く感じます。最も重要なのは有料プランの安さです。無料体験版も用意されているので、このソフトに興味があれば、ダウンロードして自ら試用しましょう。

0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る