超簡単!DVD動画をiPadで取り込み・再生する方法

いつもテレビやパソコンでDVD動画を視聴しますが、家でじっくり見る時間がなくなる場合に、その動画をiPadに入れて、外出中や移動中に視聴するのも一つの方法です。特に大画面のiPadでDVDを見るのが快適です。更に、iPadが持ちやすいので、寝転びながら見ることもできます。

iPadでDVD動画を再生したい場合、2つの方法があります。1つはDVDをMP4などiPadに適した形式に変換してiPadに取り込むこと、もう1つはDVDドライブを接続することです。次の記事では、iPadでDVD動画を再生するためのこの2つの方法を紹介しますので、ご興味があればぜひご覧ください。

目次

iPadでDVDを再生する方法1:DVD動画をiPadに保存

最初に紹介した方法は、リッピングソフトを使ってDVD動画をMP4などの形式に変換してからiPadに取り込む方法です。
ここで、おすすめのリッピングソフトは、DVDリッピングだけでなくブルーレイリッピングにも対応した強力な書き込みソフトの「VideoByte BD-DVDリッピング」です。CSS、CPRM、AACS、BD+などのコピーガードを解除する強力な機能を備えています。 高速度でDVD/ブルーレイを一般的なビデオ/オーディオフォーマット、DVDフォルダー、ISOイメージファイルなどに無損失で変換します。また、編集機能やBD圧縮機能など、DVDビデオを自由に編集するための機能も充実しています。操作もとても簡単で、DVDをリッピングする方法が分からないユーザーにとって、以下のステップに従って、DVDをリッピングし、iPadで再生することを完成します。

DVD・BDをリッピングしてMP4、MKVなどの汎用動画形式に変換できる実用なソフト

  • DVD・ブルーレイに対応
  • 300種類以上の出力形式が提供
  • 無損失の出力は可能
  • 強力的なコピーガード解除機能を搭載

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から


VideoByte BD−DVDリッピングを使ってスマホでDVDを取り込む手順

ステップ1、「VideoByte BD-DVDリッピング」をインストールする

ソフトをダウンロードしてからインストールします。そして、ソフトを起動してください。

ステップ2、DVDディスクをロードする

まず、ディスクをDVD対応のドライブにセットしてから、ソフトの上にある「DVDをロードする」をクリックして、ディスクを読み込みます。

ムービーをロード中

ステップ3、変換したいプレイリストを選択する

読み込みが完成したら、ソフトはメイン動画を自動に検出して表示します。ディスク内の他の動画もリッピングしようとする場合、「タイトルリスト」一覧を開いてからご需要によってリッピングしたい動画タイトルをチェックしたらいいです。

なお、動画の字幕、音声の吹き替えを選択したいなら、チャプターの下にある「字幕」「音声」をクリックして、簡単に調整できます。

DVDリッピング リスト

ステップ4、iPadに対応する出力形式を選択する

そして動画の右側にある出力形式ボタンを押すと、出力可能の形式メニューが現れます。iPadに変換する場合、「デバイス」>「Apple」の順で選択すればよいです。iPhone、Androidなどのデバイス別の対応形式を指定したいなら、メニューからも探せます。

出力形式を選択

ステップ5、変換を開始する

準備が出来たら、DVDの変換という最後のステップに入ります。変換する前に、「出力先」ボタンで出力先を指定できます。そして、「すべてリップ」をクリックりすると、DVD変換が始まります。完成するまで少し時間が掛かりますのでお待ちください。

DVD/BDリッピング

それから、変換された動画をiPadに転送するステップに入ります。

以上書いているように、数ステップでDVD中の動画ファイルを抽出することができます。後に、iTunesを経由して、変換したDVDの動画ファイルをiPadに転送したら、iPadでゆっくりと楽しめます。iPadだけではなく、iPhoneや他のタブレットデバイでの再生視聴も可能になります。iPhoneユーザーの方は、DVDデータをiPhoneに移送する方法 (opens new window)を参考するはおすすめです。

iPadでDVDを再生する方法2:DVDドライブ 接続

パソコンをお持ちでない方は、以下の方法をお試しください。
 
iPadにはDVDのプラグインがないため、再生するには外付けのDVDドライブに挿入する必要があります。ipadに接続してDVDを再生する機器です。外付けDVDドライブには、USBで接続するタイプとWi-Fiで接続するタイプがあります。USBタイプは安定していますが、ケーブルがあると持ち運びの際に邪魔になったり、iPadにはDVDドライブに接続するポートがありません。Wi-Fiタイプはケーブルが不要で便利ですが、ネットワーク環境の影響を受ける可能性があります。
使い方は簡単で、WiFiでiPadと接続するだけで、DVDビデオ動画をiPadで再生することができます。


DVDドライブのデメリット

  • iPadに対応するドライブの種類が少ない、価格が高い
  • ネットワークの影響を受ける可能性がある
  • 持ち運びが不便
上記のデメリットを考慮すると、より利便性の高い方法を選ぶべきでしょう。 ipadだけでなく、他のデバイスのDVDをリッピングするには「VideoByte BD-DVDリッピング」を選択します。 さらに、VideoByte BD-DVDリッピングはDVDを制限なくリッピングすることができます。

まとめ

iPadでDVDを直接再生する場合は、iPadに対応したドライブをご使用ください。別途DVDドライブを用意したくない場合や、DVDドライブの使い勝手が悪い場合は、VideoByte BD-DVDリッピングを使ってDVDをiPad対応形式に変換し、iPadで再生できるように書き出すことをお勧めします。
0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る