ブルーレイをDVDに変換する方法 | 超便利!

ブルーレイディスクのコンテンツを再生したり、他の人と共有したいですが、周りにはDVDプレーヤーしかないので困っています。そこで、ブルーレイをDVDに変換する必要があります。 この文章では、ブルーレイをDVDに変換する簡単な方法を紹介します。簡単にブルーレイをDVDに変換して、より良い再生体験を得ることができます。以下の2つのソフトは変換のニーズを効果的かつ迅速に満たします。

目次

ブルーレイをDVDに変換する前の準備

ブルーレイからDVDに変換する前に、以下のようなものを用意する必要があります。

  • 変換予定のブルーレイディスク
  • 書き込み可能なDVD
  • ブルーレイドライブ付きパソコン
  • ブルーレイリッピングソフト
  • ブルーレイ書き込みソフト

ブルーレイの映画を抽出して動画形式に変換する

ブルーレイをDVDに変換する前に、まずブルーレイの動画を抽出する必要があります。どのようにブルーレイの映画を抽出しますか?「VideoByte BD-DVDリッピング」を使ってブルーレイの映画をリッピングすることができます。効率的かつ無損失でビデオをリッピングしますし、非常に簡単かつ効果的で、最も重要なのは無料で試用できることです。
 
「VideoByte BD-DVDリッピング」は市販・レンタル・録画・アダルトDVDとブルーレイ(Blu-Ray)のリッピングを同時に対応する汎用性の高いソフトです。高効率アクセラレータと無損失出力技術により、ブルーレイ/DVDを高画質な4K/HDビデオに変換します。無損失MKV、MP4、AVIなど300種類以上の映像・音声フォーマットに変換することをサポートします。多彩な映像編集機能もあります。また、ブルーレイのコピーガード(CSS、CPRM、AACS、ARcOS、Cinaviaなど)の解除をサポートします。超高性能で実用的なリッピングソフトです。
 
対応OS
Windows 10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応
可能
対応のBlu-Rayコピーガード
AACS、Cinavia、Room Mark、BD+など
入力形式
自作・レンタル・市販・録画ブルーレイディスク、ブルーレイフォルダ、ISOファイル
出力形式
無損失MKV、MP4、AVI、MP3など
特別機能
DVD・ブルーレイ同時に対応、無損失で出力、メイン動画自動検出、動画編集機能、動画圧縮など
公式サイト
https://videobyte.jp
ダウンロード先
https://videobyte.jp/bd-dvd-ripper/

このソフトウェアのインタフェースは簡潔で直感的で、操作が簡単で、無料で使用するこができます。 3ステップだけでブルーレイ映画を動画に変換できるので、初心者にも使いやすいです!   

ブルーレイ映画を動画に変換する方法

  • ステップ 1: ブルーレイディスクをロードする

ブルーレイ対応ドライブをパソコンに接続しますし、ディスクをドライブにいれます。そして、ソフトを起動し、左上の「ブルーレイディスクをロード」をクリックして、リッピングしたいブルーレイディスクをロードします。

ブルーレイファイルをダウンロードする
  • ステップ 2:出力形式を選択する

右上の「出力形式」をクリックして押すと、ウィンドウが表示されます。必要に応じて、使用可能なオプションから出力フォーマットを選択します。

出力形式を選択
  • ステップ 3:ブルーレイをリッピングする

リッピングする前に、下部の「保存先」で出力先を選択します。準備ができたら、「すべてリップ」ボタンをクリックします。すると、 抽出されたブルーレイの映画の出力が始まります。プログレスバーが終了するまでリッピングが完成します。

ブルーレイをリッピングする

ブルーレイの映画をDVDに書き込んで変換する

ブルーレイムービーを動画形式に変換してから、次はその動画をDVDに書き込んでブルーレイからDVDへの変換を完遂します。ここでは同じくVideobyteのDVD作成ソフトを紹介します。このソフトも同様に無料で試用できますよ!

「VideoByte DVD 作成」は、あらゆるビデオファイルからDVDとブルーレイの書き込みに対応する、非常に便利で高性能なオーサリングソフトです。DVD・ブルーレイディスク、フォルダ、ISOファイルにMP4、MKV、AVIなどの高画質とHD動画を書き込むことができます。また、オーディオ/字幕の追加、カスタムDVDメニューに対応し、ビデオ編集機能もサポートしています。

 

対応OS
Windows 10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応
可能
入力形式
MP4、MOV、AVI、MPEG、TS、VOB、FLVなど
出力形式
DVDディスク(DVD-9・DVD-5)、DVDフォルダー(VIDEO_TSフォルダ)、ISOイメージファイル
特別機能
DVD・ブルーレイの作成に対応、あらゆる動画ファイルをDVD ·ブルーレイに焼ける、DVDメニューをカスタマイズできる、オーディオ/字幕追加対応、動画編集機能搭載
公式サイト
ダウンロード先
https://videobyte.jp/dvd-creator/
このソフトはインターフェースもわかりやすく、初心者でも以下の3ステップで思い通りのDVDを作成することができます。

ブルーレイの動画をDVDに焼く方法

  • ステップ 1:動画をソフトに追加する
空白のDVDをパソコンに挿入します。ソフトを起動して、DVDモードを選択します。 ソフト画面の「メディアファイルの追加」をクリックし、ブルーレイから変換された動画をソフトに追加します。
動画をソフトに追加する
  • ステップ2:オーディオトラックと字幕を追加する
字幕や音声を吹き替えをする場合は、「オーディオ」と「字幕」機能を使用します。オーディオの追加と編集機能により、音量、ディレイ、言語を変更することもできます。
オーディオトラックと字幕を追加する
  • ステップ3:動画をDVDに焼く
保存先、コピー回数、再生モードなどを設定します。そして「開始」ボタンをクリックすると、DVDの作成は開始されます。
動画をDVDに焼く

豆知識:DVDとブルーレイの違い

  • 再生品質(画質・音質)の違い
画質では、画素数を比較することで、ブルーレイの再生品質はDVDよりもはるかに高くなります。ブルーレイは207万画素、DVDは35万画素。よりリアルでクリアな映像を楽しむことができます。音質も同様で、ブルーレイディスクにはリニアPCMやドルビーTrueHDなど、DVDディスクよりも高音質なデータ規格が搭載されています。
  • 耐久性の違い
耐久性の面で大きなアドバンテージがあります。DVDは読み取りポイントが大きく、多少の傷はエラーとして検出されず、正常に再生できます。正しく保管されていれば、データの破損がなくても10年以上使用できます。 一方、ブルーレイは読み取りポイントが小さいため、ディスク表面にわずかな傷があっても、再生に支障をきたしやすいです。
  • 記録容量の違い
ブルーレイの記録容量はDVDの5倍以上:片面1層のDVDの容量が4.7GBであるのに対して、ブルーレイは同じ規格で25GBの容量を持っています。
  • 価格の違い
価格面では、DVDの方が安くなっています。

ブルーレイをDVDに変換するメリット

  1. ブルーレイの再生機器は高価であり、あらかじめブルーレイビデオをDVDに変換しておけば、ブルーレイプレイヤーがなくてもビデオを再生することができます。
  2. ブルーレイディスクは破損しやすいので、DVDに変換すると保存しやすくなります。
  3. ブルーレイファイルの多くはコピーガードが施されており、ブルーレイをDVDに変換することでビデオの共有が容易になります。
  1. 良い変換ソフトを使えば、無損失で高品質なブルーレイの動画をDVDに変換して、DVDプレーヤーでより良い体験をすることができます。

まとめ

以上は、ブルーレイの動画をDVDに変換する方法を紹介しました。さらにブルーレイとDVDの違いも認識しました。以上の2つのソフトは優れたリッピングと書き込み機能を備えており、簡単にブルーレイをDVDに変換して、より良い再生体験を提供しますなので、早くウンロードしてやってみましょう!
0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る