「超簡単!」レンタルや市販ブルーレイ(BD)をDVDに変換・コピーする方法

様々なシーンでブルーレイディスクのコンテンツを楽しみたいけれど、身の回りにはブルーレイプレーヤーがなさそうです。そんな時にはどうすれば良いのでしょうか?ブルーレイは高解像度の魅力を持つ一方で、価格の高さや壊れやすい繊細さが気になるポイントでしょう。その同時に、ブルーレイに比べて、DVDディスクのほうが汎用的だし、価格も安いです。そのため、BDの再生デバイスに困る場合、お持ちのブルーレイをDVDに変換して視聴することも方法の一つです。

このガイドでは、ブルーレイの映像を普通の動画ファイルにリッピングしてから、BDから抽出した映像コンテンツをDVDにダビングする簡単な操作手順について説明します。手頃な価格で効率的に変換を実現する2つの優れたソフトの使い方について詳しく解説していますので、お手持ちのメディアをより柔軟に、そして安心して再生したいなら、ぜひ参考にしてください。

目次

ブルーレイをDVDに変換する前の事前準備

ブルーレイからDVDに変換する前に、以下のようなものを用意する必要があります。

1.DVDに変換したいブルーレイディスク

2.書き込み可能なDVD

DVDディスクにはいくつかの種類があり、それらの特徴を知って適切なものを選ぶことが肝心です。

  • DVD-R:1度だけ書き込みが可能で、1度書き込んだ内容は上書きできず変更も不可。4.7GBまで保存可能です。
  • DVD-R DL:1度きりの書き込みに対応しているが、8.5GBまで保存可能です。
  • DVD-RW:書き込みできる回数に制限がなく、最大1,000回まで繰り返し書き込みできます。

DVDディスクの選択に迷ったらDVD-Rを選ぶことをお勧めします。なぜかというと、DVD-Rは値段が安く、互換性が高いので多くのプレイヤーで再生できます。DVD-RWは書き換えができるメリットがありますが、再生できる機器が限られています。

3.ブルーレイ・DVDに対応するドライブ付きパソコン

変換を行う前に、パソコンに搭載されているドライブがブルーレイのリッピングとDVDの書き込みに対応しているかどうか確認してください。もし、対応していない場合は、外付けのブルーレイ・DVDドライブを購入する必要があります。

4.ブルーレイ・DVDリッピングソフト

リッピング(Ripping)とは、DVDやブルーレイなどからオーディオやビデオなどのデータを抽出し、PCにコピーしてバックアップを取る作業です。リッピングされたデータは通常デバイスで楽しむことができるために、より利用しやすい一般的な動画・音声形式に変換されます。ブルーレイのリッピングを行う場合には、高解像度の映像を含むブルーレイディスクのコンテンツを汎用的なフォーマット(例えばMP4)に変換して、異なる端末で再生可能にするために使用されます。

5.ブルーレイ・DVD書き込みソフト

書き込み(Burning)とは、パソコンからオーディオやビデオなどのデータをDVDやBDに記録して永続的に保存する作業です。通常、DVD・BD向けの専門的な書き込み・作成ソフトでファイルをDVDに焼くことが必要です。例えば、DVD書き込みソフトを使用すれば、ユーザーは自分の映像データをDVDディスクに焼いて、DVDプレーヤーで再生できる物理メディアとしてデータの長期保管のために保存します。

ブルーレイ映像を抽出して動画形式に変換する

ブルーレイをDVDに変換する前に、まずブルーレイから動画を抽出する必要があります。どのようにブルーレイに詰まっている映画・ビデオを抽出しますか?画期的な「VideoByte BD-DVDリッピング」を使ってブルーレイのコンテンツを簡単にリッピングすることができます。効率的かつ無損失でビデオをリッピングしますし、非常に簡単かつ効率的で、最も重要なのは購入前に無料トライアルを試用できることです。

対応OSWindows 10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応可能
対応のBlu-RayコピーガードAACS、Cinavia、Room Mark、BD+など
入力形式自作・レンタル・市販・録画ブルーレイディスク、ブルーレイフォルダ、ISOファイル
出力形式無損失MKV、MP4、AVI、MP3など
特別機能DVD・ブルーレイ同時に対応、無損失で出力、メイン動画自動検出、動画編集機能、動画圧縮など

「VideoByte BD-DVDリッピング」は市販・レンタル作品・録画・アダルトなどの幅広いDVDとブルーレイ(Blu-Ray)のリッピングを同時に対応する汎用性の高いソフトです。優れた高効率アクセラレータと無損失出力技術により、ブルーレイをより扱いやすいビデオに変換して、高品質の視聴体験を実現できます。そして、無損失でBDMVファイルをMP4、MKVなどに変換することをサポートし、多彩な映像編集機能も兼ね備えます。また、強固なCSS、CPRM、ARcOS、Cinaviaなどのブルーレイのコピーガードの解除をサポートしており、市販・地デジブルーレイでよく使われるAACS保護の解除にも対応しますので、所有するディスクを今まで以上に自在に活用できる超高性能で実用的なDVDリッピングソフトです。

DVD・BDをリッピングしてMP4、MKVなどの汎用動画形式に変換できる実用なソフト

  • DVD・ブルーレイに対応
  • 300種類以上の出力形式が提供
  • 無損失の出力は可能
  • 強力的なコピーガード解除機能を搭載

対応OS:Windows 11/10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

「VideoByte BD-DVDリッピング」の特徴

😊 使い方が簡単で分かりやすい
😊 BD・DVDのリッピングを同時に対応
😊 4K/HDの高画質動画変換に対応
😊 多種類の動画・音声形式変換に対応
😊 基本的な動画編集機能を搭載
😊 最新のDVD・BDコピーガード解除にも対応
😊更新頻度が高くて無料お試し版があり

このソフトウェアのインタフェースは簡潔で直感的で、操作が簡単で、無料で使用するこができます。3ステップだけでお気に入りのブルーレイ映画を高品質の動画に変換できるので、初心者にも使いやすいですので、ソフトの無料お試し版で機能を体験しながら、下記のチュートリアルに従って、やってみましょう。

ブルーレイを動画形式に変換する方法

ステップ1.ブルーレイディスクをロードする

Blu-ray対応ドライブをパソコンに接続して、ディスクをドライブにいれます。そして、ソフトを起動し、左上の「ブルーレイディスクをロード」をクリックして、DVDにダビングしたいブルーレイディスクをロードします。

ブルーレイファイルをダウンロードする

ステップ2.出力形式を選択する

右上の「出力形式」をクリックして押すと、ウィンドウが表示されます。必要に応じて、使用可能なオプションから出力フォーマットを選択します。

出力形式を選択

ステップ3.ブルーレイをリッピングする

リッピングする前に、下部の「保存先」で出力先を選択します。準備ができたら、「すべてリップ」ボタンをクリックします。すると、 抽出されたブルーレイの映画の出力が始まります。プログレスバーが終了するとリッピングが完成します。

ブルーレイをリッピングする

「VideoByte BD-DVDリッピング」を使って、コピーガードが施された市販やレンタルのブルーレイを手軽にMP4フォーマットなど汎用的な動画形式に変換することが可能ですので、BD動画をパソコンに取り込む場合にも役に立ちます。DVD化しなくて、普通のメディアプレイヤーだけでもブルーレイの映画を楽しめます。続いて、MP4動画をDVDに焼く方法も説明します。

ブルーレイの動画をDVDに書き込んで変換する

ブルーレイの映像をMP4などの動画形式に変換してから、次はそのMP4動画をDVDに書き込んでブルーレイからDVDへの変換を完遂します。ここでは同じくVideobyte社の開発したDVD作成ソフトを紹介します。このソフトも同様に無料で試用できます。

対応OSWindows 10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応可能
入力形式MP4、MOV、AVI、MPEG、TS、VOB、FLVなど
出力形式DVDディスク(DVD-9・DVD-5)、DVDフォルダー(VIDEO_TSフォルダ)、ISOイメージファイル
特別機能DVD・ブルーレイの作成に対応、あらゆる動画ファイルをDVD ·ブルーレイに焼ける、DVDメニューをカスタマイズできる、オーディオ/字幕追加対応、動画編集機能搭載

「VideoByte DVD 作成」は、あらゆるビデオファイルから物理的なDVDとブルーレイディスクへの書き込みに対応し、非常に便利で高性能なオーサリングソフトです。DVD・ブルーレイディスク、フォルダ、ISOファイルにMP4、MKV、AVIなどの高画質とHD動画を書き込むことができます。また、オーディオ/字幕の追加、自由度が高いDVDメニュー作成に対応し、基本的なビデオ編集機能もサポートしています。それでは、動画からDVDへの旅を始めましょう。

MP4、MOV、AVIなどの動画を高画質でBD・DVDディスク/フォルダ/ISOファイルに書き込めるソフト

  • あらゆる動画ファイルをBD・DVDに焼ける
  • 強力的な動画編集機能を搭載
  • DVDメニューをカスタマイズ
  • ライブプレビュー機能搭載

対応OS:Windows 11/10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

このソフトはインターフェースもわかりやすく、初心者でも以下の3ステップでブルーレイの映像を思い通りのDVDに焼くことができます。

ブルーレイの動画をDVDに焼く方法

ステップ1.動画をソフトに追加する

空白のDVDをパソコンに挿入します。ソフトを起動して、DVDモードを選択します。 ソフト画面の「メディアファイルの追加」をクリックし、ブルーレイから変換された動画をソフトに追加します。

メインインターフェイス

ステップ2.オーディオトラックと字幕を追加する

字幕や音声を吹き替えをする場合は、「オーディオ」と「字幕」機能を使用します。オーディオの追加と編集機能により、音量、ディレイ、言語を変更することもできます。

字幕と音声を指定する

ステップ3.動画をDVDに焼く

保存先、コピー回数、再生モードなどを設定します。そして「開始」ボタンをクリックすると、Blu-rayからの映像をDVDに変換する作業が開始されます。

保存先ディスクを選択する

以上は「VideoByte DVD 作成」を利用して、ブルーレイから変換された動画をDVDに焼く手順です。インターフェースがシンプルで複雑な操作は一切なし、DVDを初めて作成する初心者でも簡単に使えると思います。VideoByteのBDリッピングソフトとDVD作成ソフトを組み合わせて利用して、お気に入りのブルーレイコンテンツをDVDにダビングしてみましょう!

豆知識:DVDとブルーレイの違い

  • 再生品質(画質・音質)の違い
画質では、画素数を比較することで、ブルーレイの再生品質はDVDよりもはるかに高くなります。ブルーレイは207万画素、DVDは35万画素。よりリアルでクリアな映像を楽しむことができます。音質も同様で、ブルーレイディスクにはリニアPCMやドルビーTrueHDなど、DVDディスクよりも高音質のデータ規格が搭載されています。
  • 耐久性の違い
耐久性の面で大きなアドバンテージがあります。DVDは読み取りポイントが大きく、多少の傷はエラーとして検出されず、正常に再生できます。正しく保管されていれば、データの破損がないうえで10年以上使用できます。 一方、ブルーレイは読み取りポイントが小さいため、ディスク表面にわずかな傷があっても、再生に支障をきたしやすいです。
  • 記録容量の違い
ブルーレイの記録容量はDVDの5倍以上:片面1層のDVDの容量が4.7GBであるのに対して、ブルーレイは同じ規格で25GBぐらいの容量を持っています。
  • 価格の違い
価格面では、言うまでもなくDVDの方が安くなっています。

ブルーレイをDVDに変換するメリット

ブルーレイをDVDに変換するデメリット

ブルーレイからDVDへの変換に関するよくある質問

ブルーレイをDVDに無料でダビングする方法はある?

HandBrake」、「ImgBurn」などの完全無料のソフトウェアを利用して、ブルーレイからDVDへの無料変換が可能です。しかし、このような無料でダビングできるソフトは、コピーガード保護がかかられる市販やレンタルのブルーレイをDVDに変換することができません。自家製のDVDのみダビングできます。

そのため、より専門的なブルーレイDVD変換ソフト「VideoByte DVD 作成」と「VideoByte BD-DVDリッピング」をお勧めします。これらのソフトウェアを使用すれば、Blu-rayのコピーガードを解除し、高品質の市販ブルーレイをDVDにダビングできます。安心してこのソフトを活用して、市販ブルーレイの内容を手軽にDVDに変換しましょう。

BD DVD 変換ソフトを選択する時のポイントとは?

BD(ブルーレイディスク)からDVDに変換するソフトウェアを選ぶ際には、以下のポイントに注意することが重要です。

  1. 対応フォーマットと入出力オプション
  2. 出力品質
  3. BDからDVDへの変換速度
  4. 使いやすさ
  5. コピーガード解除の力
  6. 価格

これらのポイントを考慮して、BDからDVDへの変換ソフトウェアを選びましょう。自分のニーズや予算に合ったソフトウェアを見つけることが重要です。

ブルーレイをDVDに変換する場合、注意すべき点はある?

ブルーレイをDVDにダビング・変換する際、注意すべき点がいくつかあります。以下は、変換プロセスをスムーズに進めるために注意すべき点です。

  1. 変換品質:ブルーレイは通常、高解像度の映像と高音質の音声を提供しますが、DVDは限られた解像度と音質しかサポートしていません。変換する際に、出力品質が満足できるものか確認しましょう。
  2. ストレージスペース:ブルーレイディスクは一般的に大容量です。変換したDVDファイルも一定のスペースを占有します。十分なストレージスペースが必要です。
  3. 互換性:作成したDVDが一般的なDVDプレーヤーやコンピュータで再生できることを確認しましょう。
  4. 法的な制約:ブルーレイからDVDへの変換は、地域によって法的な制約が異なります。変換されたビデオは、個人的な使用のためにのみ使用することができ、商業やその他の営利目的のために使用することはできません。

これらの点を注意しながら変換を行うことで、ブルーレイからDVDへの変換を安全かつ効果的に行うことができます。品質の高いDVD変換を簡単に実現できますために、気をつけて作業を進めましょう!

ブルーレイをDVDに変換するのは違法か?

ブルーレイをDVDに変換する行為自体が違法かどうかは、目的や方法によって異なります。一般に、個人の私的な範囲の使用のためのバックアップを作成することは許容されていますが、著作権で保護されたブルーレイの内容を無断で共有したり配布したり販売したりすることは言うまでもなく違法行為になりますので、ブルーレイのコンテンツをDVDに変換しようとしても、ぜひ注意してください。

まとめ

この記事では、DVDとブルーレイの違いを紹介しながら、ブルーレイ(BD)をDVDにダビング・変換して、手持ちのDVDプレーヤーで再生できるようにする方法について詳しく紹介しました。

本記事のお勧めの「VideoByte BD-DVDリッピング」を活用すれば、市販、レンタルや録画ブルーレイを手間なくMP4などよく使われる動画形式にリッピングできます。これで変換された動画はDVDに簡単に焼けますので、あらゆるデバイス・メディアプレーヤーで自由に再生できるようになります。

さらに「VideoByte DVD 作成」を使えば、MP4、MKVなどの動画ファイルを手軽にDVDに作成できます。また、字幕を追加したりビデオを編集したりする機能もあり、作成されたDVDをより豊かなものにすることは可能です。

この二つのソフトは優れたリッピングと書き込み機能を備えており、ブルーレイをDVDに効率的にダビング・変換して、より良い再生体験を提供しますので、ぜひ無料版をダウンロードして、ソフトの高度な機能をお試しください。

2.8 16 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る