【2022】DVDをパソコンに取り込む方法まとめ(有料・ 無料)

レンタル屋さんから借りてきたDVDを返却した後でも都合の良い時に繰り返して見れるために、DVDをデータ化して、その動画データをパソコンに取り込み・コピーするのが必要となります。或いは、市販や地デジを録画したDVD映像をバックアップとし、パソコンに取り込んで永久に保存するには、DVD取り込みソフトが欠かせないツールです。

ここでは、自作DVDから市販・レンタルDVDまで、更にCPRM付きの録画DVDも含め、ほぼすべてDVDからPCへの取り込みが対応できるWindows 10/8/7やMac用のDVD取り込みソフトをおすすめします。また無料で自作/市販/レンタル/地デジ録画DVDをPCに取り込み・コピーする方法も一緒紹介していきます。

目次

DVDをパソコンに取り込む際に知っておくこと

ヒント: DVDをPCに取り込み、保存するには、パソコンにDVDを読み込めるドライブが用意する必要があります。
基本的に、DVDコピーソフトによって、コピーガード解除の能力は異なります。これに応じて適切なDVDコピーソフトと対応する方法を選択することができます。 実は、ソフトを使えば、ほとんどのDVDのコピーガードを解除して、様々なDVDをパソコンに取り込むことができるのです。
以下では、様々なDVDをパソコンにコピーしたり、取り込んだりする方法についてご紹介します。 また、複数のコピーガードを解除する強力なDVDコピーソフトもあります。ぜひ読んでください。

レンタル・市販DVDをパソコンに取り込む方法

借りてきたレンタルDVDとか、市販DVDとか、これらのDVDには無断複製を防ぐためのコピーガードが掛かっています。DVDコピーガード種類はCSS、CPRM、CPPM、Sony ARccOS、UOPs、Disney's Fake、APS、リージョンコードなどがあります。レンタル/市販DVDをパソコンに取り込み、コピーするには、DVDに掛けられたコピーガードを解除するソフトを使わなければなりません。次は、DVDコピーガード解除機能を備えているDVD取り込みソフト5選を一覧でまとめて紹介します。

DVD パソコン 取り込みソフト1、VideoByte DVDコピー

おすすめ度★★★★★
対応OSWindows 10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応対応済み
DVDコピーガード対応CSS、CPRM、CPPM、Sony ARccOS、UOPs、Disney's Fake、APS、リージョンコードなど
入力形式自作・レンタル・市販・録画DVDディスク、DVDフォルダ、ISOファイル
出力形式DVDディスク(DVD-5、DVD-9)、DVDフォルダ、ISOファイル
特別機能

DVD圧縮機能、DVD再生機能

VideoByte DVDコピー」はWindows・Mac両方対応のプロのDVD取り込みソフトで、市販・レンタル・録画・自作DVD動画をDVDディスク(DVD-5やDVD-9)、DVDフォルダ(VIDEO_TSフォルダ)またはISOイメージファイルとしてパソコンに取り込み、コピーすることができます。更に、ISOファイル、フォルダまたはDVDから空のディスクへの書き込み、及びDVD9からDVD5への圧縮機能も備えている多機能なソフトです。

コピーガードの入っていない自作DVDがもちろん、CSS、APS、UOPs、ARccOSなどコピーガード付きの市販DVD・レンタルDVDであれ、CPRM解除必要がある地デジを録画したDVDであれ、この独自開発した先進技術を採用したロック解除機能が搭載するDVD取り込みソフトさえ使えば、簡単にDVDから動画データをコピーし、パソコンに取り込み、保存できます。

DVD動画をDVDディスク/フォルダー/ISOファイルにコピーしてバックアップできるソフト

  • 市販・レンタル・録画のDVD同時に対応
  • 強力的なコピーガード解除機能を搭載
  • 3つのコピーモードを提供
  • 1:1の比率でDVDをコピー

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

それでは、 VideoByte DVDコピーを使って、DVD(レンタル・市販・録画)をパソコンに取り込み・コピーする方法を簡単に説明します。30日間の無料試用サービスが提供されるのでご安心に利用できます。

ステップ1、 まず、「VideoByte DVD コピー」をダウンロード・インストールします。パソコンに取り込みたいレンタル/市販/録画DVDをドライブに挿入してください。そして、ソフトを起動すると、自動的に挿入されたDVDを読み込みます。

DVD 作成

ステップ2、 DVDのロードが完成すると、お好みによってDVDコピーモードを選んでください。「 フルコピー 」、「 メインムービーコピー 」、「 カスタマイズコピー 」という3つのコピーモードが提供されています。

DVD ロード

ステップ3、 そして、出力形式を選びます。DVDをデータ化して、PCに取り込みたい場合、 「ターゲット」 オプションにおける「 DVDフォルダ形式で保存する 」または「 ISO形式で保存する 」をクリックして選択すればいいです。「次」でDVDをパソコンに取り込むプロセスに進みます。最後の画面で 「開始」 ボタンをクリックすると、DVDの取り込みが始まります。

選択対象

作業は数分間で終わります。使い勝手が良いDVD取り込みソフトであるため、操作がシンプルで、専門知識を身に付いてない素人でもちょっとした練習すれば使いこなせます。

DVDをパソコンに取り込んで済むだけではなく、DVDをリッピングしてよく使われているMP4などの形式に変換するつもりであれば、DVDリッピング機能が搭載される「VideoByte BD-DVDリッピング」を利用するのを強くおすすめします。

DVD パソコン 取り込みソフト2、VideoByte BD-DVDリッピング

使いやすさ★★★★★
対応OSWindows 10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応可能
DVDコピーガード対応CSS、CPRM、CPPM、UOPs、ARccOS、UOPs、リージョンコードなど
入力形式自作・レンタル・市販・録画DVDディスク、DVDフォルダ、ISOファイル
出力形式無損失MPG、MP4、AVI、MP3、MKVなど、ISOファイルとDVDフォルダ
特別機能DVD・ブルーレイ同時に対応、メイン動画自動検出、動画編集機能、動画圧縮など

VideoByte BD-DVDリッピング」はDVDの取り込み機能だけでなく、DVD・ブルーレイのリッピング機能を兼ね備えた強力なBD・DVDリッピングソフトです。DVDとブルーレイの処理を同時に対応するところは最大の魅力です。レンタル・市販DVDをDVDフォルダまたはISOイメージファイルとしてパソコンに取り込むができる他、これらのディスクをMP4、AVIなどのメディアフォーマットに変換してパソコンに保存することができます。

更に、iPhone、iPadやAndroidなどデバイスに対応する専用の出力形式も提供されています。動画編集機能、圧縮機能など便利な機能も利用することができます。

DVD・BDをリッピングしてMP4、MKVなどの汎用動画形式に変換できる実用なソフト

  • DVD・ブルーレイに対応
  • 300種類以上の出力形式が提供
  • 無損失の出力は可能
  • 強力的なコピーガード解除機能を搭載

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

以下の画像ステップは、「VideoByte BD-DVDリッピング」でDVDをパソコンに取り込みの方法

DVD パソコン 取り込みソフト3、DVDFab DVD コピー

使いやすさ★★★★
対応OSWindows 10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応可能
DVDコピーガード対応APS、RipGuard、RCE、UOPs、ARcc OSなど
入力形式DVDディスク、DVDフォルダ、IFO/ISOファイル
出力形式DVDディスク(DVD-5、DVD-9)、DVDフォルダ、ISOファイル

DVDFab DVD コピー」は自作・市販・レンタルDVD及びIFO/ISOイメージファイルをパソコンに取り込み・保存することができる人気のDVD取り込みソフトです。WindowsとMac版は提供されています。また、DVDディスク、DVDフォルダ、ISOファイルを空のディスクへ書き込む機能も持っています。そして、DVD9からDVD5への圧縮機能も備えています。

無料体験版がありますが、制限が多くて使い勝手があまりよくありません。そして製品版の価格は上回っています。そのため、コストパフォーマンスが素晴らしい「VideoByte DVDコピー」がお薦めです。より低い価格でより良いサービスを体験できます。

DVDFad DVDコピー

「DVDFab DVD コピー」でDVDをパソコンに取り込む手順

ステップ1、上部のツールバーから「コピー」を選択します。次に、コピーするDVDディスクをディスクドライブに挿入します。

ステップ2、コピーモードと出力を選択します。

ステップ3、保存先を設定し、パソコンへのDVDコピーを開始します。

DVD パソコン 取り込みソフト4、WinX DVD Ripper Platinum

使いやすさ★★★
対応OSWindows 10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応可能
DVDコピーガード対応RC、CSS、Sony ARccOS、UOPs、APS、RCEなど
入力形式DVDディスク、DVDフォルダ、ISOイメージ
出力形式MP4、FLV、MKV、AVI、WMVなど

WinX DVD Ripper Platinum」はPC初心者様も安心な操作で市販・レンタルなどほぼすべてのDVDの種類に対応・コピーが可能である人気ソフトです。コピーガード解除機能を備えているため、よく見られるコピーガードがもちろん、最新プロテクタされているDVDの取り込みにも対応しています。無料で利用できるように見えますが、無料版で5分間しかDVDを変換できません。より高度な機能を利用するには、製品版の購入が要求されます。

このソフトをネットで検索すると、「WinX DVD Ripper 危険性」と調べている人が多いということが分かります。この問題に関心があれば、以下の関連記事までその危険性を確認しましょう。

WinX DVD Ripper Platinum

「WinX DVD Ripper Platinum」でDVDをパソコンに取り込む手順

ステップ1、ディスク」をクリックしてDVDを開きます。

ステップ2、右下の「RUN」をクリックすると変換が開始されます。

ステップ3、変換が完了すると、DVDがパソコンに成功に取り込まれます。

DVD パソコン 取り込みソフト5、AnyDVD HD

使いやすさ★★
対応OSWindows 10/8/7/XP (32/64 bit)
日本語対応可能(操作界面で直接言語変換できない)
DVDコピーガード対応CSS、リージョンコード、アナログコピープロテクションなど
入力形式DVDディスク、Blu-rayディスク
出力形式DVDフォルダ、ISOイメージ

AnyDVD HD」はDVDとブルーレイのリージョンコードなどのコピーガードを自動的に外せるDVDコピーソフトであれば、DVDとBlu-rayをデータ化して、中のデジタルコンテンツをPCに出力して保存するDVD取り込みソフトでもあります。対応するDVDコピーガードは他のDVD取り込みソフトに比べて少なめです。そして、Windowsでのみ使えます、MacでDVDをパソコンに取り込みたい方は別のMac対応のソフトを選びましょう。

「AnyDVD HD」でDVDをパソコンに取り込む手順

ステップ1、タスクバーのAnyDVDアイコンを右クリックし、「Video-DVDをハードディスクに展開(R)」をクリックします。

ステップ2、出力先のフォルダを指定して「DVDコピー」を起動するだけで、指定した先にコピーされます。DVDはDVDビデオファイルとしてパソコンに保存されます。

地デジ録画DVDをパソコンに取り込む方法

デジタル放送の著作権保護のため、デジタル放送番組は無制限なコピーを禁止しようと「CPRM」、「コピーワンス」、「ダンピング10」というようなコピー制御を導入しました。地デジを録画したDVDには、コピーワンスのCPRM保護が掛けられているのは通常です。そのため、録画DVDをパソコンに取り込み・コピーするするには、まずCPRM保護を解除しなければなりません。ここでは、CPRM技術の解除に対応したDVD取り込みソフトを紹介します。

CPRM Decrypter

使いやすさ★★
対応OSWindows XP以降
日本語対応可能
DVDコピーガード対応CPRM
入力形式DVDディスク/ブルーレイ
出力形式拡張子.vroしか出力できない

CPRMは、「コピーワンス」(一世代のみ)番組を録画する際に使用するコピー制御方式です。「CPRM Decrypter」は定番のCPRM解除フリーソフトです。地デジ、テレビ番組を記録するDVDのCPRMを確実に解除することができます。

残念なことに、このソフトはMacに対応しません。また、既に開発が終了していたため、最新のCPRM解除をうまく対応しない可能性があります。また、録画DVDのコピー作業を実行しているうちに、エラーが発生して、使えないリスクもあります。エラーが発生した場合は、市販・レンタル・自制DVDでも利用できるCPRM解除機能を持つVideoByte DVDコピーを使用することをお勧めします。

CPRM Decrypterの使い方

「CPRM Decrypter」でDVDをパソコンに取り込む手順

ステップ1、DVDをパソコンのDVDドライブに挿入します。

ステップ2、DVDのセット先となるドライブとファイルの保存先を指定します。その後、実行アイコンをクリックすると、地デジ番号のCPRM解除が開始します

ステップ3、画面の指示に従って操作を完了し、保存先のフォルダに保存します。

自作DVDをパソコンに取り込む方法

自作DVDにはコピーガードがかかっていないため、Windows10で自作DVD をパソコンへ取り込みの場合は、専門のDVD取り込みソフトが不要で次の手順に従えば簡単にDVDをパソコンに保存できます。

自作DVD PC 取り込む

ステップ1、パソコンのドライブに自作のDVDを挿入します。

ステップ2、DVDの読み込みが完成したら、 「マイコンピューター」 からDVDの入っているドライブを右クリックして 「開く」 オプションを選択してください。

ステップ3、すると、挿入されたDVDのコンテンツが表示されます。中にあるファイルをパソコンにドラッグ・ドロップでコピーすればPCへの取り込みができます。

一方、コピーガードがかかっている市販・レンタル・録画DVDの場合は、上記の「VideoByte DVDコピー」でのDVDをパソコンに取り込む方法を参考にしてください。

DVD パソコン 取り込みソフトの比較(まとめ)

自作/市販/レンタル/地デジ録画DVDをデータ化し、パソコンに取り込むための6つの方法を紹介します。いくつかのDVD パソコン 取り込みソフトを比較しています。
機能VideoByte DVDコピーVideoByte BD-DVDリッピングDVDFab DVD コピーWinX DVD Ripper PlatinumAnyDVD HDCPRM Decrypter
日本語対応
コピーモード対応自作/レンタル/市販/録画DVD、Blu-rayの全対応自作/レンタル/市販/録画DVD、Blu-rayの全対応APS、RipGuard、RCE、UOPs、ARcc OSなどRC、CSS、Sony ARccOS、UOPs、APS、RCEなどCSS、リージョンコード、アナログコピープロテクションなどCPRM
動画編集×××
動画圧縮×××
メイン動画自動検出
×××
フォルダーの出力××
ISOファイルの出力××
メディアファイルの出力×××
評価多機能、コスパが高い、全てのユーザーに対応多機能、コスパが高い、コピーガード解除性能が強い無料版は制限あり、有料版は高額制限の多い無料版、機能の多い有料版、専門ユーザー向けWinで読み込めないディスクのバックアップが可能、Winのみ対応フリーソフト、対応コピーガードが少ない
ユーザーは、コンピュータに取り込みたいDVDの種類に応じて、対応する方法を選択することができます。WinX DVD Ripper Platinumはプロレベルのソフトウェアで,もっと専門的なユーザーに適しています。AnyDVD HD は、様々なフォーマットの変換を求めるユーザーに適しています。DVDFabやVideoByteも機能的で使いやすく、後者の方がコストパフォーマンスが高いです。

DVDコピーとDVDリッピングの選択肢は?

DVDをデータ化するだけなら、フォルダやISOファイルとしてコピーし、プレーヤーソフトで再生することができます。通常のメディアプレーヤーで再生したり、他のデバイスに転送したい場合は、DVDをMKVやMP4にリッピングすることができます。
5 1 投票
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る