【超簡単】ビデオカメラで撮影した動画をDVDに焼く方法

ビデオカメラでいろいろな動画を撮ったので、DVDに作成して再生したいが、具体的なやり方がわからないことがよくあります。今回は、ダビングする前に用意するものから、ビデオカメラの動画をDVDに焼く方法を詳しく紹介いたします。そして、動画を編集することや、動画をパソコンに移動する方法などの質問も解説しています。ぜひお見逃しなく!

ビデオカメラで撮影した動画をDVDに焼く方法
目次

ビデオカメラの動画をDVDにダビングするに用意するもの

まず、ビデオカメラの動画をDVDに焼くために必要なものを紹介します。DVDを作成する前に、以下のものを用意してください。

  1. パソコン
  2. 書き込み可能なブランクDVD
  3. DVD作成ソフト
  4. パソコンに内蔵型DVDドライブが搭載されていないなら、外付けドライブも用意してください。

ビデオカメラで撮影した動画をDVDにダビングする

ここでおすすめのDVD作成ソフトは「VideoByte DVD作成」です。このソフトを使えば、直接ビデオカメラの動画をDVD-Video形式のDVDにダビングできます。ビデオカメラの動画だけではなく、MP4、MOV、AVIなどの300種以上形式の動画をDVD、ブルーレイ、またはISOファイルに作成することも可能です。そして、WindowsとMacの両方に対応し、Windows 10でビデオカメラから動画をDVDに焼くことができます。また、映像の回転、トリミングなどの動画編集機能を搭載しています。無料版を提供していますので、下のボタンをクリックしてダウンロードして使ってください。

MP4、MOV、AVIなどの動画を高画質でBD・DVDディスク/フォルダ/ISOファイルに書き込めるソフト

  • あらゆる動画ファイルをBD・DVDに焼ける
  • 強力的な動画編集機能を搭載
  • DVDメニューをカスタマイズ
  • ライブプレビュー機能搭載

対応OS:Windows 11/10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

VideoByte DVD 作成でビデオカメラの動画をDVDに焼く

ステップ1.まずはビデオカメラで撮影した動画をパソコンに移動します。ビデオカメラから動画をパソコンに移動する方法はこちらです。

次は「VideoByte DVD 作成」をダウンロードして、起動してください。そして、「メデイアファイルを追加」をクリックして、DVDにダビングしたいビデオカメラの動画をソフトに追加します。

DVDに焼く動画を追加する

ステップ2.空白のDVDディスクをドライブに入れてください。画面の下部でDVDディスクのタイプによって、 「DVD-5」あるいは「DVD-9」を選択します。そして、好みによってアスペクト比とビデオ画質を選んでから、「次へ」 を押してください。

DVDの挿入と設定

ステップ3.それから、メニュー作成画面に入ります。ビデオカメラの動画をメニューテンプレート、BGM、オープニングを追加することができます。メニューが不要なら、右下にある「メニューなし」にクリックすればいいです。そして、「焼く」をクリックします。

DVD メニューを作成する

ステップ4.最後は設定画面で保存先、コピー回数、再生モードなどを設定します。設定が完了した後、「開始」を押して、ビデオカメラで撮影した動画をDVDにダビングすることが始まります。

ご注意:ダビングが完成するまでにDVDを取り出さないでください。

動画をDVDに焼く

以上は「VideoByte DVD作成」を活用して、ビデオカメラで撮ったビデオをPCに入れて、DVDを焼く具体的な手順です。この専門的なDVD作成ソフトは記念すべきな瞬間をDVDに作成して、また多彩なメニューを付き、無二無比なDVDを作りましょう。

豆知識:ビデオカメラの映像をDVDに焼けない原因

偶にはビデオカメラの映像をDVDに焼けない・再生できない場合があり、原因はいくつか考えられます。以下に、一般的な原因をいくつか挙げてみます。

  1. ファイル形式の互換性
    ビデオカメラで撮影された映像のファイル形式がDVDプレーヤーやDVD書き込みソフトウェアでサポートされていない場合、DVDに焼けません。また、再生できないことがあります。この場合、映像ファイルを互換性のある形式に変換する必要があります。
  2. DVDの書き込みエラー
    DVDに書き込む際にエラーが発生した場合、再生できないことがあります。このような場合、書き込みプロセスを再試行するか、別のDVDディスクを試してみることが考えられます。
  3. DVDディスクの品質
    使用しているDVDディスクが品質の低いものである場合、再生できないことがあります。傷や汚れがあるかどうかを確認し、品質の良いDVDディスクを使用することを検討してください。
  4. ビデオカメラまたはDVDプレーヤーの問題
    ビデオカメラやDVDプレーヤーに問題がある場合、再生できないことがあります。たとえば、ビデオカメラから映像を正しく転送できていない、またはDVDプレーヤーが壊れている可能性があります。
  5. ビデオカメラの設定
    ビデオカメラの設定が適切でない場合、映像が正しくDVDに書き込まれないことがあります。ビデオカメラの設定を確認し、必要に応じて調整してください。

これらの問題の解決方法は、状況によって異なります。問題を特定して解決するためには、各要因を検討し、適切な対策を取る必要があります。必要がある場合は、「DVDに書き込みエラーが発生する時の対策まとめ」この記事をチェックしてくださ。

ビデオカメラの動画をDVDに焼くに関するよくある質問

ビデオカメラの動画をパソコンに移動する方法は何ですか?

ビデオカメラから動画をパソコンへ転送する方法は、ビデオカメラのデータの保存方法によって異なります。ここでは二つの場合に分けて説明します。
Hard Driveビデオカメラ:内蔵メモリー搭載のビデオカメラなので、USBケーブルを使って、ビデオカメラとパソコンを接続し、動画をパソコンに移動することができます。
フラッシュドライブカメラ:外部のSDカードまたはメモリースティックカードをビデオカメラから引き出して、パソコンに挿入し、ビデオカメラの動画をパソコンに移動します。

DVDに作成する前にビデオカメラの動画を編集できますか?

DVDに作成する前にビデオカメラの動画を編集したい場合には、「VideoByte DVD作成」でビデオカメラの動画を追加した後、右上の「強力ツール」「ビデオ編集」をクリックしてください。ここでは、動画の回転、カットなどの編集機能があります。編集したら、「適用する」を押してください。

まとめ

ここまで、ビデオカメラで撮影した動画をDVDにダビングする方法を紹介いたしました。また、ビデオカメラの映像をDVDに焼けない・再生できない原因も簡単的に解説します。

VideoByte DVD作成」を利用して、パソコンで簡単にビデオカメラの好きな動画をDVDに作成することができます。焼く前に、このソフトで動画を編集するのも可能です。焼いた後、DVDプレイヤーでビデオカメラで撮影した動画を思う存分に視聴します。

2.5 2 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る