【手軽に】SDカードから動画をDVDに焼く方法

SDカードは破損や故障などの原因で保存している動画が失われやすいので、SDカードの動画をDVDに焼きたい人は少なくないです。そうすることで、動画をより適切に保存できるだけでなく、DVDプレーヤーで視聴して優れたオーディオビジュアル体験を楽しめます。本記事では、SDカードから動画をパソコンに転送し、DVDに書き込む方法を説明します。チュートリアルに従って、SDカードの動画をDVDに焼く方法を身につけましょう。

目次

SDカードから動画をDVDに焼く前の注意点

SDカードの動画をスムーズにDVDに焼くために、以下の点をご注意ください。

  • データ書き込みができるDVDを用意します。
  • 動画のサイズとDVDディスクの容量を確認してください。動画のサイズが大きい場合は、2~3枚のDVDディスクに分けて保存することをおすすめします。
  • 動画をDVDに作成できるソフトをパソコンにインストールします。

SDカードから動画をパソコンに転送する方法

DVDの作成作業はパソコンで行うため、SDカードから動画をDVDに焼くには、まずその動画データをパソコンに転送する必要があります。そして、SDカードから動画を読み込むより、パソコンから読み込む方が速く、安定しているので、SDカードから動画をパソコンに移動しておく必要があります。

ステップ1まずは、SDカードをカードリーダーでお使いのパソコンに接続します。

ステップ2SDカードのフォルダを開いて、DVDに焼きたい動画を探して、パソコンにコピーします。

Windows 10でSDカードから動画をDVDに焼く方法

VideoByte DVD 作成」というソフトはMP4、MOV、AVI、VOBななど300種以上形式の動画をブルーレイ・DVDディスク/フォルダ/ISOファイルに作成できます。このソフトを使えば、手軽に高画質でSDカードの動画をDVDに焼くことができます。そして、最新のWindows 10とWindows 11に対応しているだけでなく、Macでも利用できます。さらに、動画編集、オーディオ追加/編集などの編集機能も備えているので、DVDに焼く前にSDカードのビデオを編集することも可能です。30日間の無料試用サービスがあるので、ダウンロードして使ってください。

MP4、MOV、AVIなどの動画を高画質でBD・DVDディスク/フォルダ/ISOファイルに書き込めるソフト

  • あらゆる動画ファイルをBD・DVDに焼ける
  • 強力的な動画編集機能を搭載
  • DVDメニューをカスタマイズ
  • ライブプレビュー機能搭載

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

VideoByte DVD 作成でSDカードから動画をDVDへ焼く手順

ステップ1.まずは「VideoByte DVD 作成」をダウンロードして、実行します。そして、「メデイアファイルを追加」をクリックして、DVDに焼きたいSDカードの動画を読み込みます。

メディアファイルを追加

ステップ2.DVDディスクをドライブに入れて、画面の下部でアスペクト比とビデオ画質を選択して、「次へ」 をクリックしてください。

DVDの挿入と設定

ステップ3.メニュー作成画面で無料なメニューテンプレートを利用できます。そして、BGM、背景、オープニングを追加することもできます。メニューが不要の場合、右下にある「メニューなし」にクリックしてください。その後、「焼く」を押します。

DVDメニューを作成

ステップ4.保存先でDiscにライディング」を選択して、ほかの設定はそのままにします。最後は「開始」をクリックします。

動画をDVDに焼く

以上の四つのステップで簡単にSDカードのビデオをDVDに焼くことができます。Windows10でSDカードから動画をDVDに焼きたい場合には、「VideoByte DVD 作成」を利用するのをおすすめします。

SDカードの動画をDVDに焼くについて質問

パソコンなしでSDカードの動画をDVDに焼くことができますか?

パソコンがない場合は、DVDライターを使用してSDカードの動画をDVDに焼くことができます。SDカードをDVDライターに挿入して、SDカードのビデオがDVDに書き込みます。しかし、通常DVDを焼く必要性が少ない場合は、DVDライターを購入することは少し余計であり、パソコンを借りて「VideoByte DVD 作成」というDVD作成ソフトを使用することは、よりコスパが高いです。

どのようなDVDを選べばよいですか?

データを書き込み可能なDVDは、DVD-R/DVD+R、DVD-RW/DVD+RW、DVD-RAMの3種類に分けられます。それらの違いについて詳しく説明しますので、ニーズに応じて選択してください。

DVD-R/DVD+R:一度にデータを書き込むことができるDVDです。書き込んだ動画を変更および削除できないため、重要な動画を長期間保存したい場合に適しています。

DVD-RW/DVD+RW:何度でもデータ書き込みや書き換えができ、書き込んだ動画を削除することができます。SDカードの動画を一時的にDVDに書き込む場合にお勧めします。

DVD-RAM:データ書き換えが可能ですが、DVD-RAM対応の機器だけで再生できます。ですから、SDカードの動画を焼きたい場合は、まず使用するプレーヤーが対応しているかどうかを確認してください。

まとめ

以上は「VideoByte DVD 作成」を使って、簡単にSDカードから動画をDVDに作成する方法です。このソフトはWindowsとMacの両方に対応しているので、Windows 10で手軽にSDカードの動画をDVDに焼きたいから、ぜひソフトの無料体験版をダウンロードして試用してください。

0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る