【超簡単】VROをMP4に変換するフリーソフトおすすめ5選

DVD_RTAVフォルダ内のVROファイルを再生するには、DVD-VRに対応した専用プレーヤーが必要で、部分CPRMコピーガードにより保護されています。いつでもどこでも再生できないことで、不便を感じています。DVD _RTAVフォルダ内のVROファイルは、ほとんどのデバイスが再生できるMP4に変換することで、より簡単に再生することができます。これから、DVD_RTAVフォルダにあるVROファイルをMP4に変換するための簡単で便利なフリーソフトを5つおすすめします。ニーズに応じて最適なソフトを選んでください。

目次

VROファイルとは?

VROは、DVD-VRで録画したビデオファイルに付けられる拡張子です。 DVDレコーダに録画したビデオやオーディオは、自動的にDVD_RTAVフォルダに保存され、そのフォルダを開くとVROファイルそのものが表示されます。

VROファイルを再生するためには、DVD-VRに対応した専用プレーヤーが必要です。対応するプレーヤーが少なく、サポートされていないデバイスも多いので、より便利な再生体験を得るために、VROを汎用性の高いMP4フォーマットに変換することをおすすめします。でも、部分VROファイルはCPRMコピーガードで保護されているものがあり、無理に変換するとエラーが発生します。そのため、このコピーガードを解除できるソフトで変換する必要があります。

DVD_RTAVフォルダとVROファイル

VRO MP4 変換フリーソフト1、VideoByte BD-DVDリッピング

評価
★★★★★
対応OS
Windows 10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応
可能
DVDコピーガード対応
CPRM、CSS、CPPM、UOPs、ARccOS、UOPs、リージョンコードなど
入力形式
自作・レンタル・市販・録画DVDディスク、DVDフォルダ、ISOファイル
出力形式
無損失MPG、MP4、AVI、MP3、MKVなど、ISOファイルとDVDフォルダ
特別機能
DVD・ブルーレイ同時に対応、無損失で出力、メイン動画自動検出、動画編集機能、動画圧縮など
「VideoByte BD-DVDリッピング」はWindow/Macで動作して、市販・レンタル・録画・アダルトDVDとブルーレイのリッピングを同時に対応する汎用性の高いフリーソフトです。DVD/ブルーレイのコピーガード(CPRM、CSS、AACS、ARccOS、Cinaviaなど)の解除もサポートします。高効率アクセラレータと無損失出力技術により、DVD/ブルーレイを高画質な4K/HDビデオに変換します。無損失MKV、MP4、AVIなど300種類以上の映像・音声フォーマットに変換することをサポートします。VROファイルの直接追加には対応していませんが、DVD_RTAVフォルダをリッピングすることで、DVD _RTAVフォルダにあるVROファイルをMP4に変換することができます。また、多彩な映像編集機能もあり、高性能で実用的なリッピングソフトです。

DVD・BDをリッピングしてMP4、MKVなどの汎用動画形式に変換できる実用なソフト

  • DVD・ブルーレイに対応
  • 300種類以上の出力形式が提供
  • 無損失の出力は可能
  • 強力的なコピーガード解除機能を搭載

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

このフリーソフトのインターフェースは直感的で使いやすくなっています。 DVD _RTAVフォルダ内のVROファイルをわずか3ステップでMP4に変換されるので、初心者にも使いやすい! それが最もおすすめする理由のひとつです。

ステップ1:ソフトを起動して、左上の「DVDフォルダをロード」をクリックして、変換したいDVD _RTAVフォルダをロードします。

ステップ2:右上の「出力形式」をクリックして、MP4出力フォーマットを選択します。

ステップ3:「すべてリップ」ボタンをクリックすると、DVD _RTAVフォルダのリッピングが開始されます。完了したら、DVD _RTAVフォルダ内のVROファイルがMP4に変換されました。

VRO MP4 変換フリーソフト2、HandBrake

評価
★★★★
対応OS
Windows 10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS、Linux
日本語対応
可能(v1.0.0以降日本語未対応)
DVDコピーガード対応
UOPs、リージョンコード(最新に対応していない)
入力形式
VRO、VOB、DVD、 ブルーレイなど
出力形式
MP4、MKV、AVI、OGMなど

「HandBrake」はWindows、Linux、Mac OS Xで動作するオープンソースとして開発され、人気を集めています。VRO、VOB、DVDなど動画ファイルを MP4、MKV、AVI、OGMなどフォーマットに変換することをサポートします。また、VROファイルをMP4に変換する際には、チャプター選択、画質調整、字幕トラック追加などの編集機能を使って動画を編集することも可能です。

HandBrakeの使い方

しかし、最新のバージョンはまだ日本語に対応していません。日本語で使用する場合は、日本語パッチをダウンロードしたり、専門用語を理解したりする必要があります。これは初心者にはあまりフレンドリーではありません。また、コピーガードの解除する能力も弱く、選択可能な出力フォーマットも少ないです。

そのため、解除する能力が高くて、出力形式の多い「VideoByte BD-DVDリッピング」の方がおすすめで、日本語版もわかりやすくなっています。DVD _RTAVフォルダー内のVROファイルをより簡単にMP4へ変換することができます。

HandBrakeの日本語版及び詳細な使い方は以下の記事をご参考ください。

VRO MP4 変換フリーソフト3、XMedia Recode

評価
★★☆
対応OS
Windows 10/8/8.1/7
日本語対応
可能(日本語版があり)
DVDコピーガード対応
非対応
入力形式
ブルーレイ、DVD、VCD、VOB、VRO、WebMなど
出力形式
3GP、MP4、M4V、MOV、MP3など

「XMedia Recode」はWindows 10/8/7に対応して、DVD、VCD、VOB、VROなど様々な動画ファイルを MP4、MKV、AVI、OGMなどフォーマットに変換できるフリーソフトです。簡単にVROファイルをMP4に変換することができ、スマートフォンやタブレットなど、さまざまなモバイルデバイスで再生できます。また、変換されたVRO動画は字幕の追加、色調補正、速度調整、などの編集ができます。

XMedia Recodeの使い方

ただし、Windowsシステムのみをサポートし、保護されていないDVDまたはブルーレイのみを変換できるのが欠点です。そのため、保護されたVROファイルを問題なくMP4に変換することは困難です。また変換されたファイルは自動的にデバイスに転送できず、手動で操作する必要があります。また、長期間更新されていないため、不具合が発生しやすいです。

DVD _RTAVフォルダからVROファイルをMP4に一回で安全に変換できることを保証するために、「VideoByte BD-DVDリッピング」はより信頼できるものとして推奨されています。

VRO MP4 変換フリーソフト4、Freemake

評価
★★★
対応OS
Windows 11 / 10 / 8 / 8.1 / 7 / Vista
日本語対応
可能(日本語版があり)
DVDコピーガード対応
非対応
入力形式
AVI、MP4、MKV、WMV、MPG、VROなど
出力形式
MP4、AVI、MP3、MKVなど

「Freemake Video Converter」はMKV、WMV、MPG、VROなど500種類以上のフォーマットの変換をサポートするビデオコンバータであり、任意のデバイスで再生されるMP4に変換することができます。このソフトを使えば、簡単な操作でVROをMP4に変換することができます。変換処理は非常に高速で、基本的な編集機能を備えています。MP4に変換したいビデオは、ビデオフレームレートやビットレートなど、詳細に設定することができます。

Freemakeのインターフェース

しかし、このソフトはWindowsシステムのみ対応しており、保護されたVROファイル変換することはできません。 保護されないVROファイルをMP4に変換する必要がある場合は、この簡単で迅速なソフトウェアを試してみることをおすすめします。

Windows/MacでDVD _RTAVフォルダにあるVROファイルをMP4に変換したい場合、コピーガードを解除できる「VideoByte BD-DVDリッピング」を選択することをおすすめします。

Freemake Video Converterの詳細な使い方は以下の通りです。

Freemakeの使い方

VRO MP4 変換フリーソフト5、WinX HD Video Converter

評価
★★★★
対応OS
Windows 10/8/7/XP (32/64 bit)、Mac OS
日本語対応
可能(日本語版があり)
DVDコピーガード対応
非対応
入力形式
MP4 、MOV 、HEVC、VROなど
出力形式
MP4、M4V、MOV、MP3など

「WinX HD Video Converter Deluxe」はWindowsとMacに対応しており、ビデオとオーディオを400種類以上のフォーマットに変換でき、iPhone、Android、iPadなどのデバイスでの再生に対応しています。変換されたVRO動画はトリミング、クロップ、カット、画面回転/反転など簡単な編集ができます。しかし、コピーガードを解除することはできず、コピーガード保護されていないVROファイルをMP4に変換するしかできません。

コピーガード防御保護されたVROファイルをMP4に変換したり、ビデオをより高級に編集したりするには、強力な解除する能力と多彩な映像編集機能を備えた「VideoByte BD-DVDリッピング」を使用することをおすすめします。

WinX HD Video Converter Deluxeの詳細な使い方は以下の通りです。

WinX HD Video Converterの使い方

VRO MP4 変換フリーソフトの比較表

以上はDVD_RTAVフォルダ内のVROファイルをMP4に変換できる簡単で便利なフリーソフトを5つ紹介しました。その機能と特徴をより迅速で直接的に示し、最適なソフトウェアを選択するために、以下の比較表にまとめました。

製品名称VideoByte BD-DVDリッピングHandBrakeXMedia RecodeFreemakeWinX HD Video Converter
Windows10対応
Mac対応××
日本語対応×
CPRMコピーガード対応××××
映像プレビュー×
映像3D化××××
動画圧縮××
動画強化×××
多彩な映像編集機能××
メイン動画自動検出××××

おまけ:VROファイルを再生する方法

以上はVROファイルをより汎用性の高いMP4フォーマットに変換してからVROファイルを再生する方法を紹介したが、ビデオを制限なく他のデバイスで任意に再生することができます。また、DVD-VR対応の専用DVD再生ソフトを使って再生する方法もあります。他のデバイスに転送してVROファイルを再生する必要がない場合は、この方法を考慮することができます。VROファイルの再生にはVideoByte ブルーレイプレイヤー」の使用をおすすめします。

VideoByte ブルーレイプレイヤー」はレンタル、市販、録画などの暗号化されたブルーレイやDVDビデオを再生し、VRO、MP4、AVI、WMVなどさまざまなフォーマットの動画・音声再生に対応したマルチメディアプレーヤーソフトです。 また、超解像技術や音声処理技術により、4K/HD動画を無損失で再生し、超高の品質で視聴することができます。

VideoByte ブルーレイプレイヤー」でVROファイルを再生する場合は、以下の記事をご参考ください。

まとめ

以上の性能紹介と比較から分かるように、「VideoByte BD-DVDリッピング」はその中で最も高性能なフリーソフトです。 Windows/Macに対応し、DVD_RTAVフォルダ内のVROファイルをMP4などの多くのフォーマットに無制限・無損失で簡単に変換することができます。 また、豊富な動画編集機能があります。 このような便利で実用的なソフトウェアは、早くダウンロードしてVROファイルをMP4に変換しましょう!

0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る