【厳選】パソコンで3GPを再生する方法について(Win/Mac対応でき)

ブルーレイプレイヤー

皆さん、スマホで取った動画をUSBでパソコンに読み込んだが、再生しようとすると、画像のようなメッセージが出ていて、拡張子は3gpだという経験がありましたか。一体どうすればいいだろうと悩んでいる方に、ご心配なく、今日はパソコンで3GPを再生する方法についてご紹介いたします。

目次

パート 1、3gpの動画をWindows Media Playerで再生する方法

3gpとは、3GPPで記録された動画ファイルに付く拡張子のことで、MP4の簡略版と言えます。そのファイルは小さいなどのメリットを誇り、容量の限られているスマホなどで便利に使えるというのが特徴です。

3gpは「FOMA」の「iモーションメール」で使われている動画形式で、PCではアップル社の「QuickTime」で再生可能だが、Windows Media Player では、mp4 ファイル形式の再生をサポートしていないため、3gpの動画をWindows Media Playerで再生出来ない場合がしばしばあります。この時、DirectShow と互換性のある MPEG-4 デコーダ パックをインストールすることにより、mp4 メディア ファイルを Windows Media Player で再生できます。DirectShow と互換性のある MPEG-4 デコーダ パックには、Ligos の LSX-MPEG Player と EnvivioTV があります。

パート 2、「VideoByte ブルーレイプレーヤー」で3gpの動画を再生する方法

上記から分かるように、パソコンでは3GPファイルの互換性が弱く、3GPに対応するメディアプレーヤーが少なく、画質がそれほどいいではないなどのデメリットがあります。ネットで調べてみたら、このように3GP 再生の問題に悩んでいるユーザーがとても多いようです。そこで、今日は、3GPを再生できる、安全で使いやすい3GP 再生ソフトをご紹介しましょう!

初心者でも安心にご利用できる「VideoByte ブルーレイプレイヤー」というソフトです。有料ですが、30日無料体験というサービスが提供されています。更に、これは再生処理が軽い、誰でも気軽に使える優秀なメディアプレーヤーです。

「VideoByte ブルーレイプレーヤー」を起動して、 「ファイルを開く」 ボタンをクリックして、再生したい3PGファイルをソフトに追加します。

つまり、再生ボタンをクリックするだけで、気楽に3GPファイルを再生できます。

VideoByte ブルーレイプレイヤー

その他、色々な機能も楽しめます。例えば、下右のカメラボタンを押したら、スクリンショットができます。保存先の設定は上部の 「ツール」―「環境設定」 の中で調整することができます。また、 「ビデオ」―「字幕トラック」 ボタンをクリックすれば、異なった言語が表示されます。 「音声」 の調節も同じです。

音声と字幕を調整

最初、3GPを再生できるソフト、ソフトの安全性、ビデオを再生する流暢度、使いやすさなどを考えた上で、頭に浮かんでくるのはたくさんありますが、試してみたあと、この専門的な「VideoByte ブルーレイプレイヤー」ソフトは最高だと思います。また、このソフトは簡潔で分かりやすいインターフェースを持ち、専門性が高い一方、パソコン初心者にも向いている点では特に好評されています。だから、ごニーズのあるユーザーにお推薦します。試してみてはいかがでしょうか。

0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る