PowerDVDは再生できない、アップデート困難?それは事実か、ユーザー評判は?

ブルーレイプレイヤー

Cyberlinkが製作する「PowerDVD」とは、幅広いメディア形式に対応した動画再生ソフトです。しかし、ネット上には再生できないやアップデート困難などの評判がある、それは本当なのか。「PowerDVD」の利用体験とユーザー評判から、利用者に紹介します。

目次

一、「PowerDVD」について

PowerDVD は、幅広いメディア形式に対応したオールインワン動画再生ソフトです。映像とオーディオ再生だけでなく、メディア整理ツールで、動画、写真、音楽、Blu-ray(ブルーレイ)、DVD を1つのソフトで管理することができます。さらに、DTS HD オーディオとドルビー True HD オーディオをサポートし、臨場感あふれる体験を提供します。

「PowerDVD」の概要

使いやすさ★★★★
UIの簡潔度★★★★
製作者Cyberlink
日本語対応対応済み
ライセンス無料体験/製品版9300円
サポートする形式Blu-rayディスク、ISOファイル、MP4、MKVなど

PowerDVDを利用したい方は、メーカーCyberlinkの公式サイトを参考してください。より高いコスパを追加している方に3480円で永久ライセンスの「VideoByte ブルーレイプレーヤー」を推薦します。

二、「PowerDVD」の実用体験、ユーザー評判と不明点

「PowerDVD」の高評価

秋***き さん:「PowerDVD」のブルーレイ対応は強い、ディスクの内容を完璧に再現した!

PS***R さん:「PowerDVD 20 Ultra」を利用した、Windows10では作動安定、ビデオ再生も問題なし。

すず***む さん:機能豊富なプレイヤーです。Blu-rayディスクやISOは再生できます。使い方も分かりやすい。

「PowerDVD」に対するユーザー指摘、問題点

Kan***る さん:「PowerDVD」の再生機能は便利ですが、なぜソフトの容量はそんなに巨大?そしてポップアップ広告も多い!

筆者の検証によりますと、「PowerDVD」をインストールしたい時、他のソフトメーカーと違い、ダウンロードツールの使用は必要です。この設定の上、インストールファイルは300Mを超えます。ソフトの容量それぞれ違いますので、筆者でも解釈できません。広告の問題なら、無料体験版に対しては不可避となります。

powerdvd download
powerdvd 広告

ハ***チン さん:最初は無料体験したいですが、登録は強制的?理解出来ん。

筆者の検証によりますと、「PowerDVD」を起動した直後、登録とサインインが要求されます。つまり、無料体験をしたい方でも登録必要です。登録は数分をかかりますが、ちょっと不便を起こります。

powerdvd ログイン

Da***e さん:「PowerDVD」を無料利用した後、製品版を購入するつもりですが、9300円の値段は意外です。他のソフトと比べてちょっと高すぎじゃない?

「PowerDVD」の最新バージョン「PowerDVD 21 Ultra」の価格は9300円です。多種類の機能を搭載しますが、写真や音楽などブルーレイと無関係の機能があります。専門的なブルーレイ再生ソフト「VideoByte ブルーレイプレーヤー」と比べて、9300円の価格は到底高すぎです。「VideoByte ブルーレイプレーヤー」は新鋭なブルーレイ再生ソフト、そして3480円だけでPC一台の永久ライセンスを取得できます。ブルーレイやDVDに専念する方に対して正にお得です。

「PowerDVD」再生できないの酷評、その実態は?

「Yahoo 知恵袋」で「PowerDVD」を検索すると、「DVDを差し込むと、真っ黒の画面になります」、「PowerDVDのアップデートは中止?」...のような問題があります。これは「PowerDVD」本体の問題でしょうか。筆者はそれぞれ違いのディスクで実験しましたが、「PowerDVD」は全部安定に再生できます。実際に、ディスクは再生できない場合、ディスク自体が破損もしくはドライブが故障の可能性はあります。もし「PowerDVD」を利用して再生できないことがあったら、他のソフトでも同じ状況なら、ディスクとドライブの状態を確認したほうがいいと思います。

「PowerDVD」のアップデート方法はわからない?

ネット上には、「PowerDVDはどうやってアップデートできる?」のような討論は多い。実際に、「PowerDVD」のような長年にわたって更新し続くソフトに対して、アップデートの支援範囲はかなり有限です。現在汎用しているバージョンは「PowerDVD 20 Ultra」や「PowerDVD 21 Ultra」ですので、まだ「PowerDVD 12」や「PowerDVD 14」を利用している方に対して、自動アップデートは基本的に不可能になります。Cyberlinkの公式サイトでアップデートガイドは記載されていますので、必要ある方はこちらを参考してください。

三、「PowerDVD」の代わりになる「コスパ良い」プレイヤー

「PowerDVD」は実用性あるソフトですが、ブルーレイ一筋の方に対して無関連の機能が多い、そして価格も高い。ここでは「VideoByte ブルーレイプレーヤー」を紹介します。「VideoByte ブルーレイプレーヤー」は超解像と音声処理技術により、最高標準の高品質化を実現できます。臨場感をあふれる画面を見ながら、立体的で鮮明な音響を楽しむことが可能です。

暗号化されたBD・DVDビデオ、MP4やAVIなどのビデオやオーディオを再生できるマルチメディアプレーヤー

  • 無制限で暗号化されたBD・DVDを再生
  • 無損失で4K/HD動画を再生
  • DVDや様々なファイル形式に対応
  • 字幕と音声トラックは切り替え可能

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

「PowerDVD」と「VideoByte ブルーレイプレイヤー」の比較一覧

ソフトPowerDVDVideoByte ブルーレイプレイヤー
使いやすさ★★★★★★★★
登録やログイン必要無料体験には登録不要
ビデオ対応ブルーレイディスク、ISOファイル、Ultra HDビデオファイルブルーレイディスク、ブルーレイファイル、DVD、ISOファイル、MP4、WMV、AVI、など
UIの簡潔度★★★★★★★★
ソフト内広告ポップアップ広告多発広告なし
価格9300円3480円1機/6980円2‐5機 永久ライセンス

一方、「VideoByte ブルーレイプレイヤー」は軽量化のファイル容量で、ブルーレイディスク(BDMVやBDAV規格)、ブルーレイフォルダおよびISOファイルを再生できます。そして地域別で再生できないようにするためのリジョンコード、AACS、BD+、Cinavia、CSSなどのプロテクトが掛かているディスクにも正常に再生することができます。

「PowerDVD」と違う、「VideoByte ブルーレイプレイヤー」はユーザーの体現を重視します。簡潔度高いインターフェースを搭載するため、2ステップだけでブルーレイを再生できる。パソコン苦手の方でも手軽に使います。それに、製品版や体験版を問わず、広告を一切なしにして、純粋な鑑賞体験を提供します。ソフトを試してみたい方には、「PowerDVD」と違う、登録やログインは一切不要です。「VideoByte ブルーレイプレイヤー」はユーザーたちのプライバシーを保護するのため、最善を尽くします。

「PowerDVD」と比べると、「VideoByte ブルーレイプレーヤー」の価格合理的に設定されています。単なるデバイスを使用する方には3480円で十分、多デバイス制覇の方なら6980円で最大5デバイスで同時に使用可能です。支払いに問題があったら、お問い合わで連絡して最速の解決ができます。

四、「PowerDVD」の利用方法

ステップ1、「PowerDVD」をインストールする

「PowerDVD」の公式サイトからソフトをダウンロードそしてインストールします。現在のバージョンはPowerDVD 20 Ultraのアップデート、PowerDVD 21になります。

ステップ2、「PowerDVD」でファイル/ディスクを再生する

インストール完了の後、ソフトを起動します、メイン画面に入ります。

powerdvd メイン画面

左側の「マイコンピューター」で再生したいファイルを選択することができます。また、上側のディスク状のアイコンをクリックすれば、ドライブにあるディスクを認識、再生することができます。

以上は「PowerDVD」の利用方法と代わりになるソフトの紹介です。「PowerDVD」はブルーレイを再生することが上手くできますが、高い価格は莫大なデメリットです。実用性とコスパの角度から考えると、「VideoByte ブルーレイプレーヤー」を利用する方は金と精力を節約する妙策です。

今回の記事はブルーレイ再生ソフトについて解説しました。興味のある方なら是非参考にしてみてください。

0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る