Windows7でDVDをコピーする方法

多くの人がDVDをパソコンにコピーして見たいですが、windows 7でDVDをどうやってコピーするのは迷惑です。今はインターネットでDVDをコピーできる方法がたくさんありますが、Windows7では使えないものが多く、フリーソフトでないものもたくさんあります。みんなの役に立ちますように、ここではWindows7で使えるDVDをコピーする方法を紹介します。

他のBDとDVDをコピーできるフリーソフトを知りたいなら、下記のリンクをクリックしてみてください。

ソフトでWindows7でDVDをコピーする方法

紹介するソフトの名前は「VideoByte BD-DVDリッピング」です。このソフトは有料ですけれども、無料試しを提供するフリー版もサポートしています。「Videobyte BD-DVDリッピング」はBDとDVDをMP4などの動画形式やDVDフォルダ、ISOファイルに高速・無損失で変換できます。また、WindowsでもMacでも使えます。需要に応じて出力ファイルの字幕とオーディオトラックを設定することもできます。

Windows7ではDVDのコピー機能を持っていますので、何のソフトを使わないでも直接DVDをコピーすることができます。下の文章はWindows7でDVDをコピーする方法を教えて、参照してもいいです。
関連Q&A:「https://solutions.vaio.com/738

しかし、現在の市販のDVDはほとんどコピーガードがあり、直接Windows7でコピーするのは無理かもしれませんので、コピーガードを解除できるソフトを借りる必要がありますから、ソフトを使った方がいいと思います。

「VideoByte BD-DVDリッピング」の操作もとても簡単で、初めて使っても早く身につけることができます。では、早速このコピーガードを解除できるソフトを使ってWindows7でDVDをコピーする方法を学びましょう。

ステップ1: コピーしたいDVDとWindows7に繋がる

まずはDVDドライバとパソコンに繋がって、DVDディスクをドライバにいれます。そして、中央のボタンをクリックしたり、DVDフォルダを画面中央に引きずりたり、 「DVDディスクをロード」 をクリックしたりWindows7でコピーしたいDVDを読み込みます。

DVDディスクをロード

ステップ2: Windows7でコピーしたいDVD動画の選択

しばらく待ってから、「DVDディスクをロード」というダイアログが出て、OKをクリックしてから、設定画面に入ります。この時、ソフトは自動的にメイン動画を識別しました。ディスク内の他の動画もコピーしたいなら、ムービーリストをクリックして選択すればいいです。

ムービーリスト

ステップ3: 出力形式と保存先の設定

DVDをDVDフォルダ、ISOファイルに変換する場合、画面右側の 「動画/音声にリッピング」 の中に 「DVD フォルダにリッピング」 又は 「ISOファイルにリッピング」 を選択してください。

DVD ブルーレイディスクをロード

DVDをMP4、MKV、MP3などのビデオ/オーディオ形式にに変換する場合、 「出力形式」 をクリックすることで、表示されるウインドウから需要に応じて出力形式を選択ことができます。

出力形式を選択

「保存先」で保存ファイルを選択できます。

ステップ4: Windows7でDVDコピーを開始する

準備ができたら、 「すべてリッピング」 をクリックし、出力が始まります。リッピングが完了するまでドライバーからディスクを取り出したり、ドライバーとパソコンの接続を中止したりしないでください。これでWindows7でコピーガードを解除してDVDをコピーすることができました。

DVD/BDリッピング

以上はWindows7でDVDコピーの説明です。また、DVDフォルダあるいはISOファイルを空きのDVDディスクへ書き込みたいなら、「VideoByte DVDコピー」というソフトを使えば、Windows7でもMacでもできます。

覚えたらすぐにダウンロードして使ってみましょう。

0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る