DVD Shrinkの容量オーバーで圧縮問題の解決策をご紹介

DVDディスクをDVDフォルダやISOイメージファイルにコピーして圧縮し、空のDVDディスクにバックアップしたい場合は、DVD Shrinkを使用できます。しかし、DVD ShrinkでDVDを圧縮するときに、容量オーバーによって再圧縮が必要で圧縮しきれない問題が発生することがあり、困っています。ここでは、DVD Shrinkの容量オーバーで圧縮しきれない原因を特定し、最も全面的な解決策を提供します。ご参考になれば幸いです。

目次

DVD Shrinkで圧縮しきれない、容量オーバーが発生する原因

DVD ShrinkでDVDを圧縮する際、容量オーバーで圧縮できない、または再圧縮が必要な場合がありますが、このような一度に圧縮しきれない場合には次のいくつ理由があると考えられます。

1、DVD Shrinkの圧縮設定が不正確です。

DVD圧縮後の容量の大きさは、DVDデータ量と圧縮率によって決まります。圧縮率が高いほど、出力されるファイルは大きくなります。ただし、DVD Shrinkは圧縮時に自動的に圧縮率を調整しません。そのため、圧縮設定が不正確でなければ、DVD Shrinkが圧縮しきれないという問題が発生することがあります。

2、圧縮されたDVDの音声の割合が大きいです。

DVD Shrinkが音声圧縮機能を持っていないためです。 圧縮が必要なDVDがコンサートやミュージカルなど音声の占める割合が大きい場合は、容量オーバーで圧縮しきれないことがあります。DVD ShrinkでDVDを繰り返し再圧縮することもできますが、時間がかかり、ファイルの品質にも影響があります。

3、DVDに容量偽装というコピーガードがあります。

容量偽装はDVDに大量のデータが保存されているように偽装するDVDのコピーガードです。 例えば、DVD自体の実際の容量は6GBなのに、パソコンでは60GBと認識されています。DVD ShrinkはDVDコピーガードの解除に対応していないため、圧縮時に容量オーバーで圧縮しきれない場合があります。

4、その他の一般的な原因。

大容量のDVDディスクを小容量のDVDディスクにコピーしたり、パソコン自体の空間不足などで容量オーバーにより圧縮しきれない場合があります。

DVD Shrink容量オーバーの解決策1:圧縮設定を正しく変更する

圧縮しきれない場合は、まずDVD Shrinkの圧縮設定を確認して正しい設定に変更することができます。DVD Shrinkの圧縮率を調整し、詳細な圧縮設定を行うことで、最適な圧縮品質を保証することができます。ここでは、DVD Shrinkが圧縮しきれない場合に圧縮設定を変更する方法を紹介します。

DVD ShrinkにDVDを追加すると次の画面が表示されます。

正しいDVD Shrink圧縮設定
  • ステップ 1:「メニュームービー」をクリックし、不要な音声ファイルや字幕ファイルのチェックを外します。 圧縮時に容量オーバーにならないように、音声と字幕のファイルは1つだけ残すことをおすすめします。
  • ステップ 2:「自動」モードを「カスタム」モードに変更します。これで圧縮率を設定することができます。緑のバーが限界に近づくように圧縮率を調整します。

DVD Shrink容量オーバーの解決策2:DVD Shrinkを使って再圧縮

容量オーバーにより一回で圧縮しきれない場合は、DVD Shrinkで繰り返し再圧縮を続けることができます。 再圧縮の方法には、以下の2つがあります。

1、ISOファイルを再圧縮

DVD Shrinkを使用してDVDディスクをバックアップします。バックアップしたものをISOファイルとして表示し、最大圧縮率でファイルを圧縮します。「容量オーバー」と警告されますが、無視して「ディスクイメージ」をクリックして先ほど作成したISOファイルを選択して圧縮し続けます。このISOファイルを選択すると、再圧縮した後容量が減少します。また、不要なオーディオファイルや字幕ファイルを繰り返し削減して容量を減らして圧縮することもできます。

2、VIDEO_TSフォルダを再圧縮

出力先デバイスをハードディスクフォルダに設定します。VIDEO_TSというフォルダが作成されます。DVD Shrinkで「ファイルを開く」ボタンをクリックし、作成したばかりのVIDEO_TSフォルダを選択して圧縮します。

DVD Shrink容量オーバーの解決策3:DVDコピーガードを解除する

DVDがDVD容量偽装などのコピーガードによって保護されている場合、DVD Shrinkは容量オーバーしたり圧縮しきれなかったりするため、コピーガードを解除する必要があります。「VideoByte BD-DVDクリップ」を使用することができます。

「VideoByte BD-DVDリッピング」はDVD/ブルーレイのコピーガード(CPRM、CSS、AACS、ARccOS、Cinaviaなど)の解除をサポートします。もちろん容量偽装というコピーガードも手軽に解除できます。高効率アクセラレータと無損失出力技術により、DVD/ブルーレイを高画質な4K/HDビデオにリッピングします。これによってコピーガードを迅速に解除し、元の画質のビデオを高速かつ無損失で出力することができます。出力した後、DVD Shrinkを使ってDVDファイルを圧縮することができます。

DVD・BDをリッピングしてMP4、MKVなどの汎用動画形式に変換できる実用なソフト

  • DVD・ブルーレイに対応
  • 300種類以上の出力形式が提供
  • 無損失の出力は可能
  • 強力的なコピーガード解除機能を搭載

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

このフリーソフトのインターフェースは直感的で操作も簡単です。 初心者にも使いやすい。これから、DVD Shrinkで容量オーバーのエラーを引き起こすDVDに掛かったコピーガードを解除する方法をご紹介します。

ステップ 1:DVDディスクをパソコンにいれます。そして、ソフトを起動し、左上の「DVDをロード」をクリックして、コピーしたいファイル/フォルダをロードします。このソフトは、DVDのコピーガードを自動的に検出して解除します。

ステップ 2:右上の「出力形式」をクリックして、必要に応じて出力フォーマットを選択します。

ステップ 3:「すべてリッピング」ボタンをクリックすると、圧縮したいDVDのリッピングが開始されます。完了したら、DVD Shrinkを使ってDVDファイルを圧縮して他のDVDディスクにバックアップします。

DVD Shrink容量オーバーの解決策4:他のDVDコピーソフトを代わりに使う

DVD Shrinkはコピーガードを解除する機能がないため、容量オーバーで圧縮しきれなかったり、再圧縮せざるを得ない場合があります。 DVD ShrinkでDVDを再圧縮する作業は時間がかかり、ビデオの品質も低下します。 それを一回に圧縮できる他のソフトに置き換えるという選択をするのが良い解決策だと思います。「VideoByte DVD コピー」は良い選択です。

「VideoByte DVD コピー」は、DVDビデオを1:1の比率でコピーして、DVDディスク、DVDフォルダやISOイメージファイルへバックアップできるDVDコピーソフトです。容量偽装、CSS、CPRM、CPPM、Sony ARccOSなどのコピーガードも解除でき、DVDコピーを一度に行うことができます。また、DVD-9のビデオを元のビデオと同じ品質でDVD-5に圧縮してコピーすることもサポートしています。常に更新しつつあるソフトのため、DVDを圧縮する時にDVD Shrinkのように容量オーバーのエラーが発生することはなく、再圧縮せずに済ませることができます。圧縮しきれない問題をうまく回避できます。非常に便利で実用的なソフトです。

DVD動画をDVDディスク/フォルダー/ISOファイルにコピーしてバックアップできるソフト

  • 市販・レンタル・録画のDVD同時に対応
  • 強力的なコピーガード解除機能を搭載
  • 3つのコピーモードを提供
  • 1:1の比率でDVDをコピー

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

DVD ShrinkとVideoByte DVD コピーの比較表

製品名称 DVD Shrink VideoByte DVD コピー
Windows 10対応 ◎(最新版3.2.0.16 / 2004年7月25日)
Mac対応 ×
日本語対応
コピーガード対応 ×
DVDディスク対応
DVDフォルダ対応
ISOイメージファイル対応

次に、「VideoByte DVD コピー」を利用してDVD-9のビデオをDVD-5に圧縮する方法をご説明します。

  • ステップ 1: DVDディスクをロードする

DVDドライブをパソコンに接続し、圧縮するDVDディスクをドライブにいれます。次に、左上の「ファイル」で「ソースの選択」を選択し、ソースDVDを選択してロードします。

DVDディスクをロードする
  • ステップ 2: コピーモードを調整する

「フルコピー」、「メインムービーコピー」、「カスタマイズ」の3つのコピーモードを搭載しており、需要に応じてコピーモードを調整することができます。それから、「ターゲット」で出力先を指定して「次へ」ボタンいをクリックします。

コピーモードを調整する
  • ステップ 3:DVDをコピーする

需要に応じて「オプション」を調整します。圧縮後のサイズは、右下の「ターゲットサイズ」でD5を選択します。完了したら、「開始」ボタンをクリックします。

DVDをコピーする
  • ステップ 4:DVDディスクに圧縮する

ソフトの提示に従って、空のディスクを挿入します。「OK」ボタンをクリックして、圧縮を開始します。

DVDディスクに圧縮する

まとめ

以上はDVD Shrinkの容量オーバーで再圧縮するが必要、圧縮しきれないという問題の原因と全面的な解決策を紹介します。容量オーバーで圧縮問題が発生した場合は、圧縮設定を変更したり、DVD Shrinkで再圧縮したり、コピーガードを解除したりすることで解決できます。上記の対処法で問題が解決しない場合は、 DVD Shrinkの代わりに他のDVDコピーソフトを選択するをおすすめします。「VideoByte DVD コピー」は一回でDVDを圧縮することができるとても便利なソフトです。早くダウンロードしてみましょう。

DVD動画をDVDディスク/フォルダー/ISOファイルにコピーしてバックアップできるソフト

  • 市販・レンタル・録画のDVD同時に対応
  • 強力的なコピーガード解除機能を搭載
  • 3つのコピーモードを提供
  • 1:1の比率でDVDをコピー

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

DVD動画をDVDディスク/フォルダー/ISOファイルにコピーしてバックアップできるソフト

  • 市販・レンタル・録画のDVD同時に対応
  • 強力的なコピーガード解除機能を搭載
  • 3つのコピーモードを提供
  • 1:1の比率でDVDをコピー

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る