「Windows 10向け」VIDEO_TSフォルダのファイルをDVDに書き込む方法

VIDEO_TSフォルダをDVDに焼きたいけど、どんなソフトを利用してVIDEO_TSフォルダをDVDに書き込むことができるのでしょうか。ここではVIDEO_TSフォルダを紹介しながら、それをコピーしてDVDに書き込む方法を説明します。高品質でVIDEO_TSフォルダをDVDに焼きたい場合はぜひこの記事を参考にしてください。

目次

一、DVDのVIDEO_TSフォルダーとは?

DVDをパソコンのドライブに入れてから、パソコンでDVDを開くと、VIDEO_TSとAUDIO_TSという2つのフォルダが表示されるのがほとんどでしょう。

AUDIO_TSフォルダーについて

「AUDIO_TS」はDVD-Audio(DVDオーディオ)という規格のディスクのオーディオデータを保存するフォルダですので、DVD-Video(ディーブイディー ビデオ)のAUDIO_TSフォルダの中身は空になる場合が多いです。

VIDEO_TSフォルダーについて

「VIDEO_TS」にはDVDのすべてのビデオデータと再生情報が含まれています。一般的には「.IFO」、「.BUP」、「.VOB」という3種類の拡張子のファイルがあります。

  • 「.IFO」(インフォメーション)ファイルは情報管理ファイルとして、DVDの字幕・オーディオ・チャプター・メニューなどのDVDの各情報が書いています。
  • 「.BUP」(バックアップ)ファイルはIFOのバックアップファイルとして、上記のIFOファイルが破損して読み取れない場合にデータの取得に使われています。
  • 「.VOB」(ビデオオブジェクト)ファイルはDVDビデオメディアのフォーマットとして、動画・オーディオ・字幕などの実際の映像データが含まれています。VOBファイルの最大サイズが1GBですので、複数のVOBファイルがDVDの「VIDEO_TS」フォルダに存在する場合がよくあります。

二、VIDEO_TSフォルダーをDVDに書き込むソフトと方法2選

ここでは「VideoByte DVD作成」と「Imgburn」という二種類のDVD書き込みソフトでVIDEO_TSフォルダーをDVDに焼く操作手順を説明します。

VideoByte DVD作成を使ってVIDEO_TSをDVDに書き込む方法

VideoByte DVD作成」はMP4、MOV、VOB、FLV、AVIなど多種類の動画ファイルをDVD・ブルーレイに焼く機能を持つDVD作成ソフトです。VIDEO_TSフォルダをDVDに書き込む場合にはこのソフトのDVD作成機能を活用して、VIDEO_TSフォルダの映像データを元画質を保持したままでDVDに焼いてみましょう。

MP4、MOV、AVIなどの動画を高画質でBD・DVDディスク/フォルダ/ISOファイルに書き込めるソフト

  • あらゆる動画ファイルをBD・DVDに焼ける
  • 強力的な動画編集機能を搭載
  • DVDメニューをカスタマイズ
  • ライブプレビュー機能搭載

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

ヒント:もちろん、DVDに焼くために、事前に書き込み可能な空DVDディスクを用意して、パソコンに入れておく必要があります。

ステップ1、「VideoByte DVD 作成」はWindows・Macに対応するソフトですので、DVD作成機能を利用する前に、まずはソフトをPCにインストールしてください。ソフトを起動したら、下記のソフト画面が表示されます。DVDを焼くためには「DVDディスクモード」を選んでください。

ブルーレイ 作成

ステップ2、次に「メディアファイルを追加」を押して、DVDに書き込みたいものをソフトに追加します。VIDEO_TSフォルダーを焼きたい場合にはVIDEO_TSフォルダーを選んでください。その同時に、この画面ではディスクタイプとビデオ画質なども設定できます。

ヒント:「VideoByte DVD 作成」は汎用なディスクタイプ:DVD-5/DVD-9、 BD-25/BD-50に対応しています。

メディアファイルを追加

字幕と音声トラックを追加する場合:一部の映像データは字幕とオーディオトラック(吹き替え)がありますので、DVDを作成する場合にそれを追加する必要があります。ソフトの「字幕」・「オーディオ」機能を通じては、オーディオトラックと字幕を追加したり編集したりすることができます。

字幕設定

動画を編集したい場合:右上の「強力ツール」>「ビデオ編集」の順にクリックすれば、「VideoByte DVD 作成」の「カット」・「回転」・「クロップ」など豊富な編集機能でビデオ画面を調整できます。編集が完了したら右下の「適用する」を押して編集を保存できます。

動画の輝度、コントラスト色相

バックグラウンドミュージックを作成したい場合:DVDメニュー作成画面の右側にテンプレートが無料提供されます。バックグラウンドやオープニングをDVDに入れたい場合、ぜひ活用してください。

もちろん、メニュー画面が欲しくない場合、直接「メニューなし」を押してください。

DVDメニューを作成

ステップ3、DVD作成を始める前に、保存先・コピー回数・再生モードなどの設定画面に入ります。

変換開始

そして「開始」をクリックすれば、DVDの作成が始まり、VIDEO_TSフォルダの動画データはDVDに焼きます。

動画をDVDに焼く

Imgburnを使ってVIDEO_TSをDVDに書き込む方法

Imgburn」は有名なDVD作成ソフトとしてDVDにファイルを焼く場合によく使われています。ここではImgburnの使い方を紹介します。

ステップ1、Imgburnを起動し、そして「ファイル/フォルダーをディスクに書き込み」を選びます。

imgburn

ステップ2、VIDEO_TSフォルダをImgburnの「入力元」にドラッグ&ドロップで入れます。そして「出力元」を書き込み先のディスクにします。

ステップ3、最後に左下の「Burn」(フォルダ>ディスク)を押せば「VIDEO_TS」フォルダをDVDに焼く作業が始まります。

Imgburnでvideo tsをDVDに書き込む

まとめ

DVDの「VIDEO_TS」フォルダのファイルだけではなく、ビデオファイルをDVDに書き込む作業も考えるよりも簡単ですので、上記のDVD作成ソフト―「VideoByte DVD作成」を活用し、好きな映像コンテンツや重要なビデオファイルを空のDVDに書き込んで保存しましょう。

0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る