MPEG2からDVDを作成できる超便利な方法

記念すべきな日々をビデオカメラで撮ったら、いい思い出をビデオの形で保存できますね。そのビデオカマラで撮ったビデオ、またはサイトからダウンロードした動画がMPEG2のフォーマットで保存されることもありますね。MPEG2は高画質でビデオを保存する一方で圧縮率が低いため、ファイルのサイズも大きいです。

こうなると、ビデオカメラとパソコンの容量はMPEG2動画に占められやすいです。でも、MPEG2ビデオをDVDに書き込むと、端末の容量を占めずに長期的にDVDでMPEG2ビデオを保存することもできますし、大画面で鑑賞することもできます。

そのため、専門の作成するソフトを使うのは一番便利な方法だと思います。ここで「VideoByte DVD 作成」を皆さんに推奨します。動画の画質を無劣化にDVDに焼くことができる他、編集機能も搭載されています。自由に字幕、音声トラックを動画に追加して、輝度、飽和、度色相などを調整することを通じて、高級感のある個性的なDVDが作成できます。

MPEG2をDVDに焼くステップ

1、「VideoByte DVD 作成」をダウンロード・インストールする

そのわけで、今回は初心者に向け、YouTubeの動画をDVDに焼くのが簡単にできるDVD書き込みフリーソフト5選をおすすめします。YouTube動画をダウンロードする方法からDVDに焼く方法まで徹底的に紹介していきたいと思います。最新のWindows10でも対応するので、ぜひご活用ください。

2、RMVBをソフトに追加する

「メデイアファイルを追加」 ボタンでを押すことでMPEG2動画をソフト内に追加します。

メディアファイルを追加

3、DVDをドライブに挿入する

焼く用のR/W対応するDVDをドライブに挿入して、DVDタイプを選択します。同時に、DVDのアスベスト比、画質も調整できます。

DVDの挿入と設定

4、メニューを追加する

テンプレートメニューをDVDに追加すれば、DVD再生する時は見たいチャプターだけ再生できます。

DVDメニューを作成

5、RMVBをDVDに書き込む

「Discにライディング」 にチェックを入れて、 「開始」 ボタンを押します。そして、MPEG2がDVDへの書き込みが始まります。

動画をDVDに焼く

ご覧のように、四つのステップだけでMPEG2の高画質を無劣化にDVDに焼けました。この方法でMPEG2動画からDVDを作成するのは一番便利だと思います。しかも「VideoByte DVD 作成」はMPEG2を含めて、様々な動画フォーマットの書き込みに対応できます。皆さんも是非「VideoByte DVD 作成」でビデオ、動画をDVDに焼きましょう。

0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る