AVI動画をISOファイルに変換する方法

AVI形式の動画をISOファイルに変換した後、DVDに書き込んでDVDプレイヤーで鑑賞することができます。AVIの動画をISOファイルに変換するには、ISO変換用の専門的なソフトウェアを使用する必要があります。この記事は、AVI形式の動画をISOファイルに変換する方法を紹介します。

目次

AVI動画をISOに変換するには

AVI形式は、Microsoft社が開発した、映像と音声をインターリーブして同時再生できる動画ファイル形式です。AVI動画はWMV形式の動画ように圧縮されていないため、画質が良く、よく動画を高品質で保存するために使用されます。デメリットは、圧縮されていないため、ファイルのサイズが大きいです。

ISOファイルは、光ディスクのすべてのデータを1つのファイルにまとめたものです。ISOファイルは、ディスクのコンテンツをファイルに変換して、インターネットまたはパソコン間で転送できます。

AVI動画はDVDプレイヤーで再生できませんが、AVI動画をISOファイルに変換して、DVDに書き込んで、DVDプレイヤーで再生できなくなりますよ。では、以下のチュートリアルに従って、AVI動画をISOファイルに変換していきましょう。

AVI動画をISOに変換する方法

VideoByte DVD 作成」はAVI、MP4、MOV、FLVなどあらゆる動画ファイルをISOファイルに変換できる専門的なソフトです。ISOファイルに限らず、ブルーレイディスク、ブルーレイフォルダ、DVDディスク、DVDフォルダにも作成することも可能です。そして、分かりやすいインタフェースを搭載するので、初心者でも操作しやすいです。また、カット、回転などの動画編集機能がありますので、ISOファイルに変換する前に、AVI動画を編集することもできます。今すぐソフトの無料試用版をダウンロードして利用してください。

MP4、MOV、AVIなどの動画を高画質でBD・DVDディスク/フォルダ/ISOファイルに書き込めるソフト

  • あらゆる動画ファイルをBD・DVDに焼ける
  • 強力的な動画編集機能を搭載
  • DVDメニューをカスタマイズ
  • ライブプレビュー機能搭載

対応OS:Windows 10/8/7/XP/Vista/MacOS 10.7から

VideoByte DVD 作成でAVI動画をISOに変換する手順

ステップ1「VideoByte DVD作成」を起動して、「メディアファイルを追加」をクリックして、ISOに変換したいAVI動画をソフトに追加します。

メディアファイルを追加

ステップ2ここでは、AVI動画にオーディオと字幕を追加する機能があります。画面の下部で動画のアスペクト比と画質を設定できます。ちなみに、ISOに変換する前に、AVI動画を編集する必要があるなら、右上の「強力ツール」を押してください。「チャプターを結合」という機能は、複数のAVI動画を1つのISOファイルに結合することができます。

字幕設定

「ビデオ編集」をクリックして、回転、カット、クロップなど、いろいろな編集機能が利用できます。編集した後、「適用する」をクリックすることを忘れないでください。

動画の輝度、コントラスト色相

ステップ3.「次へ」 のボタンを押すと、メニュー画面の作成に入ります。メニュー画面が不要の場合は右下の 「メニューなし」 をクリックすればいいです。

DVDメニューを作成

ステップ4最後に保存画面で「名前をつけてISOを保存」にチェックを入れて、「開始」をクリックして、AVI動画をISOファイルに変換することが開始します。

変換開始

以上のステップでAVI動画を手軽にISOファイルに変換します。「VideoByte DVD 作成」はISOファイルへの変換だけでなく、ISOファイルをDVDに焼くこともできますよ。

まとめ

今回は、AVI動画をISOファイルに変換する方法のご紹介です。「VideoByte DVD 作成」を使えば、AVI動画を簡単にISOファイルに変換できますので、動画変換の知識がない方でも安心してご利用いただけます。ぜひダウンロードして利用してください。

ISOファイルは通常の動画プレーヤーでは再生できません。パソコンで変換したISOファイルを再生したい場合には、「VideoByte ブルーレイプレーヤー」の使用をおすすめします。

0 0 投票数
評価
コメントをメールで通知する
アラート
guest
0 コメント
インラインフィードバック
すべてのコメントを見る